インフルエンザに罹患して回復するまで1週間の外出禁止を余儀なくされたが、そのお陰で日本時間2月6日に行われた、米国のプロアメリカンフットボールリーグ「NFL」(ナショナル・フットボール・リーグ)の優勝決定戦「スーパーボウル」のライブ放送をテレビで堪能できた。本当なら、大学の集中講義に出講していなければいけない日だったが、大学関係者と学生にご迷惑をおかけして本当に申し訳ないと思いつつも、38度を超える熱の中で「何が幸いするか分からない」とインフルエンザも悪いことばかりではないと感じた。

スーパーボウルMVPに輝いたニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディー。緊張する場面で強い、その秘訣はどこに?(写真:AP/アフロ)

 それはゲームが思いのほか面白かったこともあるが、ニューイングランド・ペイトリオッツの39歳になるQB(クオーターバック)トム・ブレイディーの逆境の中にあっても最後まで冷静沈着なプレーを貫く姿勢に感心したからだった。

 第51回スーパーボウルはテキサス州ヒューストンで、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)の優勝チームであるニューイングランド・ペイトリオッツと、NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)で優勝したアトランタ・ファルコンズが争った。

前半はファルコンズが大差でリード

 

 その劇的なゲームを簡単にご紹介しておこう。

 第1クオーターは、お互いに手の内を探り合うような展開だった。ファルコンズは得意のパス攻撃を控えてランニングプレーを多用する。これはもちろん後に繰り出すパス攻撃への布石だった。相手の注意をランニングプレーにも向けさせて、パスをキャッチする切り札のWR(ワイドレシーバー)フリオ・ジョーンズをより効果的に機能させるためだった。

 ゲームが一気に動き出したのは第2クオーターだった。ファルコンズのQBマット・ライアンの判断が冴えわたり、この15分間で3つのタッチダウンを奪う。前半を終えて21対3とファルコンズが大きくリードした。

 ハーフタイムショーにはレディー・ガガがド派手なパフォーマンスで登場。これで会場の空気もリセットされるかと思ったが、ファルコンズに傾いた流れはさらに続いた。第3クオーターでもファルコンズがタッチダウンを決めてゲームはほぼ一方的な展開になろうとしていた。この時点で28対3と大差がついた。

 

 ところが、ここから試合の流れが一気にペイトリオッツに移る。それまでなかなか決まらなかったブレイディーのパスが通るようになる。そしてそのおかげで小柄なRB(ランニングバック)ジェイムス・ホワイト(登録は178センチ、そんなにあるように見えないが…)も面白いように走り回る。25点差で万事休すと思われたペイトリオッツが、ここから奇跡の大逆転をやってのけることになる。ホワイトがタッチダウンを決めて28対9になると、そこからはペイトリオッツの独壇場だった。

 第4クオーター。ディフェンス陣もファルコンズのQBライアンに次々とサック(効果的なタックル)で襲いかかる。ファルコンズは、まるで金縛りにあったように何もできなくなってしまった。この後、ペイトリオッツがタッチダウンを奪い2ポイントコンバージョンを成功させると28対20と8点差に。そして残り1分を切ったところでホワイトがタッチダウンを奪うと、2ポイントコンバージョンも決まってついに同点に追いついた。

 こうなるともうペイトリオッツが勝つのがスポーツの必定か。百戦錬磨のビル・ベリチックHC(ヘッドコーチ)もワクワクしながら戦術を練っていたことだろう。