こんにちは。私は相続を生業としている弁護士や税理士等の専門家で組織された協会、相続終活専門士協会の代表理事を務める江幡吉昭と申します。本連載では、我々が幾多の相続案件の中で経験した事例を何回かに渡ってご紹介したいと思っています。

 伝えたいことはただ一つ。どんな仲が良い「家族」でも相続争いに巻き込まれると「争族(あらそうぞく)」になってしまうということです。そこに財産の多寡は関係なく、揉めるものは揉めるのです。そうならないために何が必要なのでしょうか?具体的な事例を基に、考えてみたいと思います。

 今回は 二次相続発生後、数千万円は残っていると思っていた母の預金が、ほぼなくなっていたケースです。

裕福だった父は億を超える預金を母に残したが、母の死後に銀行残高は数十万円にまで激減していた。実家に頻繁に入り浸っていた長女が次女と三女に漏らした一言とは?

●登場人物(年齢は相続発生時、被相続人とは亡くなった人)

  • 被相続人 母(東北地方で夫が造り酒屋を経営)
  • 相続人 長女(74歳、東北のある地方都市に在住)
  • 相続人 次女(72歳、横浜在住)
  • 相続人 三女(69歳、東京在住)

●遺産 自宅3000万円、銀行預金数十万円

 東北地方のある地方都市の話です。代々造り酒屋として、その地方では有名な会社を経営していた父はそれなりの資産を遺しました。ただし、このご夫婦は男子に恵まれず、娘が3人いるだけでした。

 父が他界したとき、その会社の経営は父の弟の家系が継ぎました。よって父(造り酒屋元社長)が亡くなった後、母は会社の株式を保有せず、会社の経営からは距離をおきました。目立った資産は自宅と現預金くらいのものでした。

 とはいえ、その地方では有名な造り酒屋です。父はそれなりの現預金を遺して死亡しました。問題が発覚したのは母が死亡した後、二次相続が発生したときでした。

 長女・次女・三女とも全員結婚していますが、地元の企業に勤務する男性と結婚した長女だけが母の近所に住んでおりました。次女・三女は全国転勤のサラリーマンと結婚したため、夫の仕事の関係で東京と横浜に住んでいます。

 長女は実家から徒歩数分のところに住んでおり、母親の家を頻繁に行き来していました。母は元気で80歳になっても一人で海外旅行に出掛けるほどアクティブ。頭の方も歳の割には元気で、日常生活に問題はありませんでした。

 ただ、言ったことをすぐ忘れてしまうので、娘たちはよく振り回されていました。「長女に財産全部上げる」と口走ることもありましたし、「三人の娘に財産は均等に分けてね」など、言うことはかなりまちまちでした。

 と言いつつも、孫たちには毎年110万円ずつの暦年贈与(注)は忘れずにしてくれるような祖母でした。

(注)「暦年贈与」とは、暦年(1月1日~12月31日)ごとに贈与を行い、その贈与額が年間110万円以下であれば贈与税がかからない制度のことです。

 そんな母が90代で大往生しました。遺言はなく、四十九日の後、造り酒屋の会計を見てもらっていた税理士の先生に相続税の申告も頼むことになりました。