とかく日本人はシャワーで済ませず、肩までしっかり湯船に浸かる人が多いこともあってか、世界的に見てもダントツで入浴時に溺死する人が多いのだとか。そして、アルコールを飲んでから入浴すると、この危険はさらに増すのだそうです。

 「飲酒には、“一時的”に血圧を下げる作用があります。アルコールを飲むと、アルコールの代謝生産物のアセトアルデヒドの血中濃度が増えることで、血管が拡張し血圧が下がるのです。この血圧低下に反応し、血圧を維持するため、交感神経系が活性化し、脈が増加すると考えられます」(梅村院長)

 飲酒によって普段よりも血圧が下がることで、入浴による血圧のアップダウンの変化の幅がより大きくなる危険性があります。さらに、「飲酒後」+「寒い季節」の入浴は一層危険です。梅村院長は、「飲酒後は、アルコールによって意識が朦朧としているため、危機管理能力も低下しており、これがさらに危険度を高めてしまうと考えられます」という。

お酒を飲んだらお風呂よりシャワー

 飲酒後の、特に寒い時期の入浴の危険性を知ってもなお、「それでもその日のうちにさっぱりしたい」と思う人は少なくないはず。何かいい方法はないものでしょうか?

 梅村院長は、「さっぱりしたいという気持ちはわかりますが、入浴するのはアルコールが代謝され、アルコールの影響がなくなった後にしてください」と釘を刺します。アルコールが体内から消えるまでには、体重60kgの成人男性の場合、純アルコール20g(ビール中びん1本、日本酒1合)で約3~4時間かかるといわれています。

 それでもなお、なるべく早くさっぱりしたいという人には、「ぬるめのシャワー」がお勧め。

 「ぬるめのシャワーであれば、湯船に浸かるより体の負担が少なくなります。そして万が一、倒れたとしても溺死することはまずありません」(梅村院長)

 海外では一般的なシャワーという選択肢を忘れがちですが、確かにシャワーなら倒れても打撲程度で、死に至る可能性はずっと低くなりそう。今後、飲酒後にお風呂に入りたくなったら、シャワーを選択するようにしましょう。もちろん、冬場は脱衣所や浴室を暖めて温度差をできるだけなくするのを忘れずに!

葉石かおり著、浅部伸一監修『酒好き医師が教える最高の飲み方

“酒好き医師”に聞いたお酒と健康の話が盛りだくさんな一冊。本書の刊行を記念して、12月8日に東京・下北沢B&Bにて、書店イベントが開催されます。著者の酒ジャーナリスト、葉石かおりさんと、監修者の肝臓専門医、浅部伸一さんの話を、ぜひビールを片手に聞きませんか? 酒好きなら気になる、おいしい飲み方から、脂肪肝など健康についてまで、盛りだくさんの話題でお届けします。

予約はこちらからどうぞ→ http://bookandbeer.com/event/20171208_bt/

葉石かおり エッセイスト・酒ジャーナリスト

1966年東京都練馬区生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に至る。全国の日本酒蔵、本格焼酎・泡盛蔵を巡り、各メディアにコラム、コメントを寄せる。「酒と料理のペアリング」を核に、講演、セミナー活動、酒肴のレシピ提案を行う。2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。国内外にて世界に通用する酒のプロ、サケ・エキスパートの育成に励み、各地で日本酒イベントをプロデュースする。著書に『酒好き医師が教える最高の飲み方』など多数。