大企業で活躍しながらも、定年退職後はひっそりとしてしまうビジネスパーソンが多い中で、伊藤忠商事、クアルコム、ソフトバンクで情報通信事業に携わった松本徹三氏は、77歳になった今もなお通信事業に関するコンサルティングなどを手掛け、現役時代と変わらぬ忙しさで世界中を飛び回っている。本コラムの最終回では、新商品の開発にはユーザーニーズと新技術の相互理解が大切であることを踏まえ、文系出身でも「遅咲きのITオタク」に変貌するための心の持ち方をお伝えする。

 前回の記事では海外に出ていくことの重要性について語ったが、今回は技術に興味を持つことの重要性について語りたい。

技術について初歩から率直に聞ける文系の強みを生かして、「遅咲きのITオタク」を目指そう。
[画像のクリックで拡大表示]

人類の歴史は技術革新の歴史

 古来、人間の歴史を形作ってきたものは、「軍事力」と「経済力」の組み合わせだ。そして、いくつかの「技術革新」が、その優劣に時折大きな変化をもたらしてきた。

 古くは、鉄製の武器やチャリオット(馬で引く戦車)をいち早く開発したメソポタミアのヒッタイトが、エジプトまで勢力を伸ばした。その後の長きにわたっては、騎射に優れたモンゴル系、トルコ系の騎馬軍団が世界をじゅうりんした。しかし、鉄砲が開発されてからは、その改良がそのまま軍事力の優劣に結びつくことになった。

 その後、軍事技術の開発競争はとどまるところを知らず、軍艦、大砲、機関銃、爆撃機、潜水艦、ロケット砲と、次々に破壊力を拡大させた。

 そして、今や世界の各主要国は、「核兵器」「生物・化学兵器」「サイバー戦による敵国の経済の破壊」「人工衛星を相互に破壊し合う宇宙戦」「AIとロボットの導入」と、もはや手に負えないほどの軍事的課題に取り囲まれている。

 一方、経済的には、まずは灌漑(かんがい)設備や農耕に不可欠な「鉄製品の開発」が、世界中に大規模な農業社会と、それによる人口爆発をもたらし、その結果として国家が生まれた。

 この流れは、西では豊かな農業を持つエジプトを抑えたローマ帝国を、東では中国とインドの歴代の大帝国を作り出した。しかし、1700年代になって、経済的にまだ微弱だった英国に産業革命が起こると、これが世界経済のあり方を一変させた。一言で言えば、アジアの大帝国は没落し、欧米諸国が圧倒的な優位性を持つことになったのだ。

 しかし、今や、アジア諸国が生産性の向上によって急速に力をつける一方で、産業構造に目を転ずると自動車や家電製品などの普及に代表される消費社会は、世界規模で爛熟(らんじゅく)期を迎えつつある。先進地域を中心に、人々の精神的欲求は物質的欲求をしのぎつつあり、世界の産業構造の主流は工業から情報サービスへと軸足を移しつつある。

 インターネットは国境の壁を無力化し、グローバリゼーションはとどまるところを知らない。しかも、その先には、人間が多くの面でAI(人工知能)に依存せざるを得なくなる「Singularity」(特異点、大きな変化)の世界が待ち受けている。コンピューターが、人間社会のあり方に、かつての産業革命以上のインパクトをもたらしつつあることには、もはや疑いの余地もない。