相続トラブルに発展しやすいパターンを事例を通して紹介するこのコラム。1回目の今回は、管理職の夫とキャリアを重ねてきた妻のご夫婦で子供がいない――こんな相続事例を見ていきたいと思います。一見、もめそうにない事例ですが、これがそんなことはないのです。

 三上武史さん(61歳)と三上幸子さん(49歳)は、結婚はしているが子供がいないご夫婦です。結婚は、20年前。武史さんは企業でのお勤め人で管理職、幸子さんは高級ブランドショップのマネージャーをされています。武史さんは、4年前に早期退職してからは嘱託社員で別の会社に勤務されていました。

 これまで、健康状態は二人とも問題は無かったのですが、一昨年にご主人がガンを患いました。そして半年間の闘病生活のうえ、残念ながらお亡くなりになりました。

 2人で生活している間は、相続のことなど話し合ったことがありません。老後の財産のこともたまに話はしたものの、具体的に進めることはありませんでした。

 闘病生活を過ごしている際、少しは財産のことが気にはなったものの、幸子さんは、「子供もいないし、夫の財産はすべて私のものになるだろう」と安心していました。

 ところが、この安心が後々でトラブルの元になるのです。

何で旦那の兄弟がしゃしゃり出てくるの?

 ご主人の四十九日の法要が終わってひと月が過ぎようとしたころです。ようやく日常の生活に戻れた幸子さん、相続手続きの相談をしに、司法書士を訪ねました。

 ここで、武史さんの家族構成と財産関係を簡単に見てみましょう。

●家族構成・相続人
妻の幸子さん、子供はいない。実家の近くに兄と弟(既に両親は他界)
(幸子さんにも、兄弟姉妹は2人)

●財産・遺産
共有名義のマンション(2人で働いていたので持ち分が2分の1ずつの共同所有。4000万円相当)と預金が2000万円

 司法書士には、主人が亡くなったので、自宅マンションと預金の名義を自分にしてほしい、とお願いするつもりでした。司法書士は、武史さんの家族構成を確認のうえで、「遺産分割協議書」を作成しました。武史さんには上述したように、兄と弟がいるものの、実家を出てからほとんど交流がありませんでした。このため、司法書士は武史さんの財産・遺産のすべてを幸子さんに相続する旨を遺産分割協議書に記載しました。