相続にはトラブルが付き物です。筆者は2000件以上の相続に関する相談を受ける中でいろいろなトラブルに遭遇しました。親戚同士で裁判沙汰になったケースだってあります。悲しい話かもしれませんが、相続トラブルは年々増えています。
「それはお金持ちの家の話だよ。ウチは普通の家庭だから関係ない。」もしかしてそう思いましたか? しかし本当にそうでしょうか?
裁判所が公開している平成27年度「司法統計年報」によると、家庭裁判所の遺産分割の紛争件数の7割以上は、遺産総額が5000万円以下なのです。遺産が1000万円以下の家庭の紛争件数も約3割となっています。つまり「普通の家庭でも相続トラブルは起きている」ということです。むしろお金持ちの方がもめることは少なく、相続で裁判になったケースのうち、遺産総額5億円以上の場合はわずか1%もありません。
だからこそ、あなたも他人事ではないのです。しっかり情報収集し準備をしなければ、ドラマのようなドロドロの相続トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
さあ、みんなで事例を見てまいりましょう!