全3260文字

 糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は今年で20周年を迎えた。コンテンツや商品の幅を広げ、さまざまなイベントも開催している。またほぼ日は、2017年3月には東京証券取引所のジャスダック市場に上場した。

 ほぼ日を率いる糸井さんは、事業、人、組織、上場、社長業について何を考え、どのように向き合ってきたのか。糸井さんに語ってもらった内容を一冊にまとめたのが書籍『すいません、ほぼ日の経営。』だ。

 本書の中にある糸井さんの言葉には本質的な考えが数多く散りばめられており、働き方や会社のありようだけにはとどまらない示唆に満ちていた。本連載では、糸井さんやほぼ日を知る人に、『すいません、ほぼ日の経営。』をどう読んだのか、そして企業としてのほぼ日や経営者としての糸井さんをどう見ているのかを聞いた。

 連載第3回に登場するのはグラフィックデザイナーの佐藤卓さん。明治おいしい牛乳、ニッカ・ピュアモルト、大正製薬のゼナ、ロッテのキシリトールなど、生活の身近にあるロングセラー商品をはじめ、さまざまなデザイン活動を続けている佐藤さん。実はほぼ日のロゴデザインをはじめ、ほぼ日手帳などの仕事も手掛けている。ほぼ日と糸井さんを長く見てきた佐藤さんはどのような印象を抱いているのか、話を聞いた。(今回はその中編)

 またツイッターなどのSNSで「#すいません経営」を付けて、本書の感想や印象に残ったフレーズをつぶやいていただければ、余すことなく著者の川島さんと糸井さんにお届けします。詳しくは特設サイト「すいません、ほぼ日の経営。を読む」をご覧ください。

グラフィックデザイナーの佐藤卓氏(撮影/鈴木愛子)

ほぼ日の人たちが着実に成長しているのを、糸井さんは何よりよろこんでいます。

佐藤氏(以下、佐藤):とにかく糸井さんは、担当者がそれぞれ自分で考えなければいけない状態をつくるのがとても上手なんです。人の好奇心のスイッチを入れる、そういう場や空気をつくるのが、天才的にうまいんですよ。

 だから社員の人たちがすくすくと育っていくのでしょう。そこをほぼ日は大切にしていますね。

 すべての物事の原動力は好奇心だと思うのです。「何それ?」「えっ、どうして?」ということは、あらゆることが動くきっかけになるはずです。いわゆる「興味を持つこと」なのですが、そこが強いと、自然とおもしろい仕事になっていきます。

 だからこそ好奇心は大事ですし、自分のやっていることに興味を持っていれば、ものすごいエネルギーが生まれると思います。

 そして、糸井さんやほぼ日の社員の中には、「こんなにおもしろいことを考えちゃったんだけど、一緒にやらない?」という感じがいつもあるのです。

 ほぼ日という船に乗ると、なぜか好奇心のスイッチが入っちゃう。それを「ほぼ日丸」と言うのかもしれません(笑)。

 社員ばかりではなくて、僕のように外から関わっている人たちも、集まってくるお客さんも、株主の人たちも、みんなの「好奇心のスイッチ」が入っちゃうというのはすごいところです。

ただ、好奇心を持つといっても、何でもいいからおもしろがるわけでもないのですよね。

佐藤:もちろんです。すべてのことに意識を向けるわけにはいかないでしょう。周囲のものすべてに好奇心を持つということは、社会性を失ってしまうことでもありますから。

 何をおもしろがるかということにも、当然のことながら、その背景に社会性が必要になってきます。ただ同時に社会性を身につけるということは、「受け流す能力」を身につけることでもあるんです。

 ある目的に向かって集中して物事を進めていくためには、それには直接関わりのない要素については受け流していかなければなりません。情報は入ってくるけれど、最も重要な目的のためにそれ以外の情報を受け流して、排除していくわけです。

 「的確に受け流す」という社会性を身につけているかどうかは結構、大事なことなんです。実はこの「受け流す」能力は相当高度で、AI(人工知能)にできるかどうか、今のところはまだ難しいのではないでしょうか。