全3391文字

 糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は今年で20周年を迎えた。コンテンツや商品の幅を広げ、さまざまなイベントも開催している。またほぼ日は、2017年3月には東京証券取引所のジャスダック市場に上場した。

 ほぼ日を率いる糸井さんは、事業、人、組織、上場、社長業について何を考え、どのように向き合ってきたのか。糸井さんに語ってもらった内容を一冊にまとめたのが書籍『すいません、ほぼ日の経営。』だ。

 本書の中にある糸井さんの言葉の数々には本質的な考えが数多く散らばり、働き方や会社のありようだけにはとどまらない示唆に満ちていた。本連載では、糸井さんやほぼ日を知る人に、『すいません、ほぼ日の経営。』をどう読んだのか、そして企業としてのほぼ日や経営者としての糸井さんをどう見ているのかを聞いた。

 連載第2回に登場するのはジンズの田中仁社長。メガネチェーンの「JINS」を展開し、パソコン用メガネ「JINS SCREEN(旧JINS PC)」を大ヒットさせるなど、時代に合った商品を次々と生み出している。また田中社長は、糸井さんとともに、地元・前橋市に街づくりに積極的にかかわってもきた。田中社長にとって、ほぼ日と糸井さんの魅力は何なのか、話を聞いた(今回はその後編)。

 またツイッターなどのSNS(交流サイト)で「#すいません経営」を付けて、本書の感想や印象に残ったフレーズをつぶやいていただければ、余すところなく著者の川島さんと糸井さんにお届けします。詳しくは特設サイト「すいません、ほぼ日の経営。を読む」をご覧ください。

ジンズの田中仁社長(写真右、撮影/鈴木愛子)

ほぼ日が掲げる「夢に手足を。」について、糸井さんは「自分たちがやっていきたいことをどう実現していくか、しっかり目を向けて頭や手足を動かしていくことが、一番大切な方法だと考えている」と言っています。

田中:人間の成長と仕事の成長、そこが完全につながっているのが、ほぼ日の良いところだと思います。

 私が特にそう思うようになったのは、糸井さんと一緒にやっている前橋の地域活動も大きかったと思います。

 地域に関わる仕事をしていると、会社よりもステークホルダーの数が非常に多い。人口34万人の都市で、市会議員さんも40人近くいて、商工会議所には何百社もの企業の関係者がいる。その中で、街づくりに関わるわけです。

 そういったステークホルダーの理解と賛同を得て街づくりに関わっていくためには、目先のことばかり考えていても、許されません。

 「国家百年の計」とはまったくその通りなのだと思いました。

糸井さんと一緒にやっていく中で、長期的な視野が大事と思うようになったのでしょうか。

田中:はい。行政も会社も同じように、「百年の計」で考えないと間違えてしまいます。仮に利益で世界一になったら、次は宇宙一になるのか。

 それよりも、自分たちが社会に対してどういう存在でいたいのか。社員一人ひとりが幸せを感じているかどうか。そういうことを追求した方が、結果的に強い会社になると思うようになりました。

 糸井さんはずっと社員のことを考えています。私も、どうしたら社員が自律的に発想し、人とつながりながら実行できるかということをよく考えます。

 社員一人ひとりが考える組織にならなくてはいけない。そう思っているのです。