全3248文字

 糸井重里さんが主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は今年で20周年を迎えた。コンテンツや商品の幅が広げ、さまざまなイベントも開催している。またほぼ日は、2017年3月には東京証券取引所のジャスダック市場に上場した。

 ほぼ日を率いる糸井さんは、事業、人、組織、上場、社長業について何を考え、どのように向き合ってきたのか。糸井さんに語ってもらった内容を一冊にまとめたのが書籍『すいません、ほぼ日の経営。』だ。

 本書の中にある糸井さんの言葉の数々には本質的な考えが数多く散らばり、働き方や会社のありようだけにはとどまらない示唆に満ちていた。本連載では、糸井さんやほぼ日を知る人に、『すいません、ほぼ日の経営。』をどう読んだのか、そして企業としてのほぼ日や経営者としての糸井さんをどう見ているのかを聞いた。

 連載第2回に登場するのはジンズの田中仁社長。メガネチェーンの「JINS」を展開し、パソコン用メガネ「JINS SCREEN(旧JINS PC)」を大ヒットさせるなど、時代に合った商品を次々と生み出している。また田中社長は、糸井さんとともに、地元・前橋市の街づくりに積極的にかかわってもきた。田中社長にとって、ほぼ日と糸井さんの魅力は何か、話を聞いた(今回はその前編)。

 またツイッターなどのSNS(交流サイト)で「#すいません経営」を付けて、本書の感想や印象に残ったフレーズをつぶやいていただければ、余すところなく著者の川島さんと糸井さんにお届けします。詳しくは特設サイト「すいません、ほぼ日の経営。を読む」をご覧ください。

ジンズの田中仁社長(写真左、撮影/鈴木愛子)

糸井さんとのお付き合は、どこから始まったのでしょう。

田中社長(以下、田中):私の生まれ故郷である前橋市の地域活動に、糸井さんに協力してもらえないかと思ったのです。

 ただ正攻法でお願いしても、きっと会ってもらえない。そう思って、どうしようかと考えあぐねた結果、糸井さんが信頼しているであろう方に、まずは話をしてもらおうと思いました。それで、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんと、レオス・キャピタルワークスの藤野英人さんに、糸井さんを紹介していただいたのです。

 糸井さんに少し長い手紙を送ったところ、「お会いしましょう」ということになって、私の考えている前橋の地域活動のことを話しました。すると、「僕は本気になっている人のことを『バカだ』ということにしているんですが、田中さんはその意味で『バカ』ですから、本気でアシスタントをやることにします」と言ってくれたんです。もう、感動しました。

 それから、糸井さんと一緒に前橋の活動が始まったのですが、言葉にならないくらい、たくさんのことで助けてもらいました。

 行政と向き合って何かをやろうとすると、いろいろと問題が出てきます。性格的に私は穏やかな方なのですが、感情的になってしまったりもして(笑)、糸井さんに愚痴っぽいメールを送ったこともありました。それに対して糸井さんは「こんな見方もあるよ」と言ってくれて、「ああそうだ」って気が楽になったのです。

 真正面からぶつかるだけではなく、別の見方があるということを、実にさりげなく示唆してくれたのがうれしかったです。

例えば、どんなことがあったのですか。

田中:岡本太郎さんが制作した「太陽の鐘」を、前橋市民の新たな活動のシンボルとして寄贈してもらえることになって、設置場所を検討していました。もともとの設計者の案は、象徴として山の上に設置するというものでしたが、地元の議員さんなど、いろいろな方から「バリアフリーの時代にどうなのか」といった意見が出てきました。

 芸術的観点とか建築家的思想とは相いれない意見が出てきてコンフリクトが起こって、私はすっかり悩んでしまいました。

 その時、糸井さんは「せっかく地域に愛されようとするものが来るのだから、そんなことで揉めても、いいことは何もないです」と、やわらかく諭してくれました。人としてやさしい方だと思って、とてもありがたかったですね。

 それ以来、「生活のたのしみ展」に出店させてもらったり、良い関係を続けています。