今年ほど、創業家の行動が世間の注目を集めたことはないだろう。出光興産、大戸屋ホールディングスなど、創業家と経営陣が対立し、会社に混乱をもたらした事例は少なくない。なぜ、創業家と経営陣はもめるのか。それを理解するには、まず、創業家の行動原理、いわば「作法」を知る必要がある。

日経ビジネス11月14日号では、「出光、トヨタ、サントリー 創業家の作法」と題して特集を組み、日本を代表する創業家の知られざる「作法」にスポットを当てた。