「アイアンマン」や「スパイダーマン」などのキャラクターをもつアメリカンコミックの雄マーベル・エンターテインメントが、米ウォルト・ディズニーによって買収されたのは2009年のこと。ディズニー傘下での、日本におけるマーベルの事業展開も加速しつつある。ミッキーマウスをはじめとした愛らしいキャラクターを展開する「夢の王国」ディズニーが描く、マーベルビジネスの戦略とは。ウォルト・ディズニー・ジャパン バイスプレジデントのシェイクスピア悦子氏に聞いた。
(聞き手:川岸 徹)
シェイクスピア悦子氏 早稲田大学商学部卒。電通などを経て2002年ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社入社。2006年同社テレビジョン部門マーケティング・エグゼクティブ・ディレクター。2007年よりバイス・プレジデント/チーフ・マーケティング・オフィサー

「ディズニーもマーベルも根っこは同じ」

「アイアンマン」や「スパイダーマン」などのキャラクターをもつ米コミック大手マーベル・エンターテインメントを、ウォルト・ディズニーが買収したのは2009年です。正直なところ、ちょっと驚きました。外から見ると、ミッキーマウスをはじめとした愛らしいキャラクターが展開するディズニーの世界と、ヒーロー物であるマーベルの世界は、かなり違うようにも感じられます。

シェイクスピア悦子氏(以下、シェイクスピア):「アイアンマン」や「スパイダーマン」をご覧になった方は分かるかと思いますが、マーベルは愛する人や世界を守るといったポジティブな世界を展開しています。

 一方、ディズニーもご存じの通り、常にハッピーエンド。前向きな精神に満ちていて、マーベルと似通っています。それが買収の決定理由のひとつになった。ですから、ディズニーとマーベルがひとつの会社に同居することに違和感はまったくありません。

確かに、双方の世界は、ともに前向きですね。

シェイクスピア:スパイダーマンのようなスーパーパワーを持たなくても、誰もが心にヒーロー性を秘めているものです。マーベルの作品に触れると、その秘めたヒーロー性が刺激され、誰かのために何か良いことをしたい、という気持ちになれる。これがマーベルの価値「インナーヒロイズム」です。このインナーヒロイズムは、人間の本能的なものに寄り添っているので、正義感が強く、真面目な日本人にとても親しみあるものです。

 先日、「インナーヒロイズムについてどう思うか」という調査を実施したところ、15歳から30代の男性は7割以上がインナーヒロイズムのコンセプトに共感を示しました。マーベルのコアターゲットはまさにこの世代なので、日本でもマーベルの魅力がどんどん浸透していくと思います。