体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
 今回のテーマは「ロコモティブシンドローム(通称ロコモ、運動器症候群)」について。ロコモを予防するためにも、下半身の筋肉を鍛えるエクササイズに取り組もう。

下半身の筋肉を鍛えることがロコモ予防につながる。(c)undrey-123RF

 厚生労働省の統計によると、2016年3月の時点で、要介護・要支援の認定を受けている人の数は全国で約620万人。2001年3月の約256万人から、およそ2.5倍にまで増えている。

 しかも、要介護・要支援になった人の約3分の1は、転倒による骨折や関節リウマチなどの関節疾患がきっかけだったという。つまり、運動器障害、ロコモが原因で寝たきりになる人がそれだけ多いのだ。

 「そうならないためには、特に下半身の大きな筋肉群を鍛える必要があります」と中野さんは言う。

 前回、ロコモ危険度をチェックするために、椅子から片脚立ちするテストを紹介した。その結果、ロコモやその予備軍の危険性が疑われる人は、今すぐにでも、下半身を鍛え始めたほうがいい。

平均寿命は延びたが、寝たきりになる人が増えている

 「お尻から下肢全体にかけての筋肉は、まさに歩くため、動くための筋肉です。野生の動物たちを見ればわかると思いますが、動けなくなれば餌も取れませんし、ほかの生き物に捕食されて命を落としてしまいます。人間も大昔は同じだったのでしょうが、現在は医療と科学の発達でそんなことはなくなりました。しかしその代わりなのか、要介護・要支援の方々が増えてきているのです」(中野さん)

 日本人は男女ともに平均寿命が延びている。厚生労働省が発表したデータによると、2015年の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳と過去最高を記録している。しかし、日常生活に制限がない期間、つまり“健康寿命”は2013年時点で男性が71.19歳、女性は74.21歳となっている。

 この先、さらなる医学の進歩によって平均寿命は延びるといわれるが、誰かに頼って生きなければならない期間が依然として10年前後もあるのかもしれないのだ