体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
 今回のテーマは「筋トレ」。健康やスタイルを維持するためにジムでマシンやダンベルを使ったり、自宅で自重筋トレに励んだりしている人も多いだろう。しかし、自分では一生懸命にやっているつもりなのに、実際には「一向に成果が出ない」ということもある。一体何が問題なのだろうか?

筋トレを続けていても一向に成果が出ないことがある。何が問題だろう? (c)lanak-123RF

 ダイエットやシェイプアップ、スタイル維持や筋力強化と、筋トレをする目的は人それぞれだ。しかし、毎日、そして何年も続けているのに、筋力が上がらなかったり、筋肉量が増えなかったりという人も多い。

 トレーニングの成果が具体的な数値で表れたり、筋肉の形などが目に見えて変わったりしなければ、モチベーションも下がってしまう。「私たちのもとを訪れるクライアントさんの中には『これまで自分で筋トレをしてきましたが、成果が出ないんです』という方もいますね」と中野さん。そんな人たちには、共通した傾向があるという。

同じことを続けていることが、成果が出ない原因

 「筋トレで成果が出ないという方に、『これまでどんなことをしていましたか』と聞くと、一番多いのが同じメニューで同じ種目、同じセットをやり続けているケースです。これはある意味、十分に体を動かしていることになります。脂肪を燃焼させたり、健康を保ったりするには良いことです。しかし、私たち専門家の目から見ると、筋量を増やしたり筋力を強くしたりという点では、大切な原則が欠けているのです」(中野さん)

 我々日本人は、同じことを習慣としてやり続けることを美徳として捉える傾向がある。しかし、こと筋力トレーニングにおいては、それが成果にはつながらないのだという。「私は筋肉量を増やすために、『3つの原則』が重要だと考えています」と中野さん。その3つの原則を次に挙げよう。