“ANDOワールド”に魅了されるワケ

国立新美術館の安藤忠雄展の会場で、白く空いたスペースを埋めるために、突然スケッチを描き始めた安藤氏(写真:日経アーキテクチュア)
閉じる