3.ハムストリングスのストレッチ

 太もも裏を伸ばし、脚の血流を促進する。

椅子の背もたれに片手を添えて立つ。膝を軽く曲げるようにして、少しお尻を突き出しながら上半身を前に曲げていく。太ももの裏のハムストリングが伸びるのを感じるはず。15秒程度伸ばしたら、反対側も同様に行う。※音声は入っておりません


4.上部体幹のストレッチ

 肩甲骨周辺と首後面の疲労感を軽減する。

椅子に浅く座る。背もたれに背中をつけて両腕を上げ、その重みで体を後ろに反らせるイメージで上半身前面の筋肉群を伸ばし、背面の筋肉を押しほぐす。力で無理やり伸ばすのではなく、脱力する感じで15秒程度その姿勢をキープする。ゆっくり元の姿勢に戻す。※音声は入っておりません


 どのストレッチもオフィスで簡単にできるものだ。少し疲れを感じたら、どれか一つでもいいので実行すると、疲れが蓄積して不快感が強くなるのを防げるはず。また、仕事中にこのような小さなブレイクタイムを入れることで、作業の効率もアップするはず。ぜひ試してみてほしい。

岡田隆(おかだ たかし)さん
日本体育大学 准教授
岡田隆(おかだ たかし)さん 1980年生まれ。日本体育大学卒業。日本体育大学大学院体育科学研究科修了。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程単位取得満期退学。理学療法士、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、NSCA、CSCS、JATI-ATI。JOC強化スタッフ、柔道男子ナショナルチーム総務コーチ(フィジカル強化担当)、日本ボディビル・フィットネス連盟選手強化委員。2016年、日本社会人ボディビル選手権大会優勝。肉体改造に関するトレーニング方法や食事法の情報を世界中から収集し、自らの体で試し、検証して有効なものをトップアスリートへ伝授している。