今年15回目を迎える「日本イノベーター大賞」。受賞者の素顔を紹介する連載の第4回は、優秀賞の阪根信一氏(セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ社長)。開発に10年の歳月をかけた、全自動で衣類を折りたたむ世界初の機械「ランドロイド」は、昨年の公開以降、国内外で注目を集めている。来年3月、いよいよ予約販売が始まる。

教授の夢を諦め「技術のわかる経営者」へと転身した阪根社長は、徹底的に「世界にまだないモノ」を作ることにこだわる。ランドロイドはまだその一歩に過ぎない。創業5年目のベンチャーが飛躍に向けて新たな一歩を踏み出した。

 しわくちゃの洗濯物は、“魔法の箱”の中で丁寧に折り畳まれていた。

 来年3月、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京都港区)は全自動の衣類折り畳み機の予約販売を開始する。大型冷蔵庫ほどの大きな魔法の箱の名前は「ランドロイド」。この機械により、洗濯物をたたみ、仕分けし、棚にしまうという、一生で9000時間、約375日分を費やすと試算されるこの作業から、人類はついに解放されるかもしれない。

 実用化にこぎつけるまでにかかった期間は、約10年。「何度も失敗し数え切れないほど試作を繰り返した」。社長の阪根信一氏はこう振り返る。29歳でビジネスの世界に入ってから、ランドロイドをはじめ様々な製品の開発に取り組んできた。セブン・ドリーマーズは、そうした取り組みの中で阪根氏が設立した、「初物」を世に送り出すために特化した会社だ。

阪根信一(さかね・しんいち) セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ社長。1971年生まれ、兵庫県出身。1999年米デラウエア大学化学・生物化学課、博士課程修了。2000年、父が経営する高機能材料の研究開発を手掛けるI.S.T入社。2003年同社CEO。2008年に人工衛星製作のスーパーレジン工業の社長に就任。同技術を引き継ぎ、2011年セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズを創業(写真=的野弘路)。

教授の夢諦め、経営の世界へ

 日本の大学で化学を学んだのち、米化学大手デュポンの本社にほど近い、米デラウエア大学に進んだ。物理や化学の教授になりたいと思い研究に励んだが、研究成果が出て学会に出席できるようになると、「同世代で自分よりも優秀な化学者がたくさんいた。『あぁ彼らには絶対かなわない』と感じた」(阪根)という。教授の道を諦め、「技術の分かる経営者」に目標を変更。在学中、研究の傍らパナソニック創業者の松下幸之助やソニーの盛田昭夫など、著名経営者の本を読みあさった。

 博士課程を修了後、日本に帰国。2000年から父が経営する高機能性材料の研究開発会社で働き始める。父の右腕として働く中で、「収益を伸ばすには部品売りのBtoB(企業間取引)ビジネスだけではなく、BtoC(消費者向け取引)も手掛けるべき」と考えるようになった。2005年、社員の反対を振り切り開発に着手したBtoC製品の一つが、ランドロイドだった。

 そこからは、会社経営と平行して、5人のプロジェクトチームと共にランドロイドの開発に没頭。自動折りたたみ機を構成するステップは、(1)つかむ(2)広げる(3)衣類の種別を認識(4)折りたたむ(5)種類別に仕分けて収納、の5つ。これらをセンサーや測定ソフトを使った画像認識と、衣類をつまみあげてたたむロボット技術が組み合わさっている。

 技術的ハードルが最も高かったのが、積み重なった衣類の中から一枚ずつつかみ上げる工程と、しわくちゃな衣類を認識する技術。いちからのスタートだっただけに、試行錯誤を繰り返し、いくつものプロトタイプを作成した。センサーやAI(人工知能)技術の進化も追い風となり、2015年、世界初の衣類自動折りたたみ機が完成した。当初想定した開発期間の2倍となる、10年の歳月が過ぎていた。