日経ビジネス10月16日号の企業研究「リクルートホールディングス 創造への破壊は続く」の連動企画。今回からは、リクルートホールディングスの今後を占う、3人のキーマンのインタビューを紹介していく。まず登場するのは、本誌記事でも最初に取り上げた、米国子会社Indeed(インディード)の出木場久征CEO(最高経営責任者)だ。

 インディードは、2012年にリクルートが約965億円で買収した求人検索エンジン大手。IT(情報技術)を駆使したビジネスモデルで急成長を続け、人材サービスの領域を一変させる可能性があると期待されている。出木場氏はリクルート側の責任者として買収を主導し、子会社化後の経営も統括。インディードの「リクルート超え」を公言してはばからない。

 宿泊予約サイト「じゃらんnet」などを成功に導いてきた出木場氏は、リクルート社内でいち早くネットシフトへの道筋をつけた人物として、本体の常務執行役員も務める。次代を担うと目される経営幹部の筆頭格である出木場氏に、インディードの強さと今後の進むべき方向性について聞いた。

2012年にリクルートが買収したインディードは、その後も急成長が続いています。インディードとは、どのような会社で、何を目指しているのでしょうか。

出木場 久征(いでこば・ひさゆき)氏
1975年生まれ。99年リクルート入社。全社WEB戦略室室長などを経て2012年にインディード買収を主導。16年からリクルートホールディングス常務執行役員兼インディードCEO(写真:竹井俊晴)

出木場久征氏(以下、出木場):インディードは世界を変える可能性がありますよ。皆さんの人生の中で何が大事かといったら、まず家族、健康、仕事ですよね。インディードは仕事に関わる採用、転職、つまりHR(人事)の分野を劇的に変える可能性がある。なぜなら、世界中でHRって、時代遅れもいいところなんです。

 例えば転職の仕方にしても、その仕組みはこの30年間ぐらい何も変わっていない。これだけテクノロジーが進化して、自動車業界では自動運転を実現するとかチャレンジしているのに、HRはすごく時代遅れ。それを、ものすごく簡単に、便利なものにする。それこそ、1クリック、1分で転職できるようにする。それを我々が目指しているということです。

 それが可能だと思ったから、インディードを買収して、一歩ずつ階段を登ってきたということなんですが、これを本当に実現できたら、リクルートなんて圧倒的に超えていけると思っているんですよ。売り上げや利益がすぐにそうなるかは分からないですよ。ただ、世界の人たちの生活を変えることはできる。その価値はあると考えています。

インディードは「求人検索のグーグル」と表現されることも多いですね。最大の競争力はどこにあるのでしょう。

出木場:分かりにくいですよね(笑)。まず、インディードというのは、マシンラーニング(機械学習)の会社です。利用者がどんな場所にいて、スマートフォンのOS(基本ソフト)は何を使っていて、どんな仕事を探していて……、というのを本当に細かく、それこそワンクリックごとに分析してパーソナライズしています。

 例えば、東京の八重洲あたりで「正社員の営業」と検索した人と、錦糸町のあたりで「バイト」と検索する人がいる。この人はiPhoneを使っていて、ブラウザのアプリはグーグルのChromeを使っている。こうしたデータをものすごく徹底して集めて、このエリアでバイトを探している人はこうした仕事を探す傾向があることを割り出すことで、適した仕事を見つけやすくなる。

 だから、インディードは使えば使うほど、各利用者にとって最適化されて使いやすくなっていく。一方で、東京で「パートタイム」を検索する人の傾向は、パリに住む人にも近い傾向があるわけです。インディードは世界60カ国以上で、月間約2億人が使っているから、マシンラーニングに必要な膨大な量のデータが集まってくる。それをさらに精緻に分析して、どんどん精度を高めていく。これがインディードの大まかな仕組みということになります。