全2362文字

アウターは薄くてもOK!

中野ジェームズ修一さんの新刊『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社、2018年10月18日発売)

 また、熱は体の上のほうに向かって抜けていく。「ニットキャップネックウォーマーを着用するのも、防寒に一役買ってくれます」と中野さん。

 スポーツ用のネックウォーマーに効果があるのは、首には表面に近いところに太い動脈が通っていて、この部分が冷えるのを防げば、温かい血液が体を巡るようになるからだ。

 「寒いと、人間は皮膚からの熱の放散を防ぐために、できるだけ体表面積を小さくしようとします。つまり、縮こまった姿勢を取ろうとするのです。すると、余計に血行が悪くなってしまいます。ですから、本格的な運動に入る前に、ウォームアップで十分に体を動かして血行を促し、温めることも大切です」(中野さん)

 運動の開始時はウインドブレーカーを羽織っておいて、ウォームアップで体温が上がり、汗が出てきたら脱いで、ウエストポーチなどに入れるのもいいだろう。できるだけコンパクトにまとまるアウターを選ぶのもお勧めだ。

 「私自身がそうなんですが、運動をするときは厚着になりたくありませんよね。腹巻きやカイロを活用すれば、アウターが薄くても保温性が上がるんです」(中野さん)

 腹巻きも、着脱しやすいマジックテープ式のものがあり、それなら体が温まったら走りながら外すこともできる。上手に体温調整をしながら、効率的な運動を心がけて冬場を乗り切り、健康な体を作っていこうではないか。

[ 日経Gooday 2018年12月19日付の記事を転載]

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん
スポーツモチベーションCLUB100技術責任者/PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。元卓球選手の福原愛さんやバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くからモチベーションの大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍。東京・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」の技術責任者を務める。『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。最新刊は『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)。