全2122文字

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は日本初のネット専業銀行として創業した、ジャパンネット銀行の田鎖智人社長にお話を伺ってきた。最終回は、同社の働き方改革の一環として実施されている「対話の会」を紹介する。

 2018年2月にジャパンネット銀行の社長に就任して以来、働き方改革の一環として社内環境の向上に努めています。例えば、執務室内に打合せスペースを多く作り、気軽なミーティングができるようにしました。これまでは会議室を前もって予約してミーティングすることが多かったので、予約なく使える打合せスペースが多くなり、社内のコミュニケーションが増えているように思います。

 

 また、銀行の社長と聞くと、社長室で執務をしているイメージがあるかもしれませんが、当社に社長室はありません。就任にあたって専用スペースを作る話も出ていましたが、オープンな雰囲気を大切にしたかったので、社員が仕事をしているフロアの一角にデスクを置いてもらいました。

 私のデスクの前にも打ち合わせスペースも設置。パーテーションなどもなく、互いの働く様子やミーティングの様子もよく見えます。普段はシャツやポロシャツなどラフな格好で仕事をしていて、来客の前には着替えるようにしています。ただ着替えで隠れる場所もないので、ワンタッチ式の簡易テントを購入して、そこで着替えをしています(笑)。

 また、社長就任直後から実践しているのが、全社員との「対話の会」です。私は仕事をする上では、体の健康はもちろんですが、心の健康も重要だと考えています。体が車のエンジンだとしたら、心はガソリンのようなもので、気力が満ちていなければ、仕事でもパフォーマンスを発揮することはできないと思うのです。特に、自分は何のために働いているのかが腹落ちしていて、自分の仕事が人や社会のために貢献できていると感じられている時は、やりがいを持って楽しく働けますし、多忙な時期でも疲労感が違ってきます。対話の会は、そうした内発的なエネルギーを高めるサポートを目的に始めました。

 まず、十数名程度のグループごとに集まってもらい、1カ月ほどで全社員約300人との対話を実施。その中で、働く意義や目標、会社が進むべき方向性などを話し合い、会の終了後にはアンケートも行いました。その後も継続して3回実施してきたところです。

 インターネットを取り巻く環境が急速に変化し、業界内での競争も激化している中で、ユーザーが求めているサービスは何か、その実現にはどんなことが必要か、そこにどのようなやりがいを見出せるかといったことを、互いに共有することができるようになってきています。