仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今月はディー・エヌ・エーの南場智子会長にご登場いただく。第1回目は、今年1月にCHO(Chief Health Officer、最高健康責任者)に就任した南場会長自身の健康法を紹介します。

 CHO(最高健康責任者)として健康増進を旗振りしている立場ですが、私自身の生活に関して言えば、あまり褒められたものではありませんでした。以前は朝食抜きが当たり前、昼はランチミーティング、夜は会食と、土日も含め100%外食。親しい人の間では早食い、大食いで有名で、お酒も少量ですが毎日飲んでいました。

[画像のクリックで拡大表示]

家庭ではオーガニック、会社ではカップ麺

 そんな生活が大きく変わったのは2011年、夫の闘病がきっかけです。朝食を必ず取るようになり、料理に化学調味料は一切使わなくなりました。自宅で食べるときはまずサラダをたっぷり。野菜はオーガニックで、旬のものを選んでいます。以前は、何が旬かなんてまるで意識していなかったんですけどね。

 当時、食生活に関する本をたくさん読みました。その中で、これと決めたバイブルが『がんに効く生活』。がんを患っている人に限らず、すべての人の健康に良い食事内容について書かれています。私自身はこの本を読んでから、有機野菜を食べる、トマトは熱して食べるといったことを実践しています。こうしたことのおかげか、食材の味に敏感になって、薄味でもすごくおいしいと感じるようになりました

 と言いながら、会社の部屋の棚にはカップ麺がどっさり入っていて、私の昼食の定番です。健康づくりの優等生とは言い難いんですよね…。