様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は2018年10月に幕を開ける卓球の新リーグ「Tリーグ」のチェアマンである松下浩二さんにお話を伺っていく。松下さんは、中学生時代に頭角を現し、トップ卓球選手として日本国内での活躍はもちろんのこと、国際舞台でも世界選手権での入賞や4度の五輪出場を果たした。日本初のプロ卓球選手として、ドイツやフランスの卓球リーグでも活躍。現役を引退した現在は、Tリーグの開幕へ向けて多忙な毎日を送っている。今回は、「トレーニングの時間が取れない」という松下さんに、日常生活の中で実践している運動法について語ってもらった。

 久しぶりに会う方からは、よく「現役の時代から体形が変わりませんね」と言われるんですが、実は現役を引退してから、体重が10kgも増えているんです。2009年1月の全日本選手権を最後に現役を引退した時は63kgでした。それが今73kgですから、1年に約1kgずつで増えている計算になります。主に腹回りに肉がついてしまっているんですよ(笑)。服を着ていると、あまりわからないのかもしれませんが。

[画像のクリックで拡大表示]

 そうなってしまったのは、やはりトレーニングしたり、卓球をプレーしたりする時間が少なくなってしまったからです。それこそ現役のころは、腹筋を1日に1000回するなど筋トレもかなりやっていました。今考えれば、それが卓球に必要な強い体作りにどれだけ役立っていたのかは疑問ですが(笑)。とにかく当時はトレーニングや練習をすればした分だけ、よい成績が収められると信じていたわけです。

 私たちの時代は、そういう基礎体力をつける練習に長い時間をかけることが常識でした。本来であれば、実力が一定に達すると戦術的な練習や、「パターン練習」と呼ぶ連続技の練習など、技術を磨くトレーニングを中心に据えないといけません。その点、今の卓球選手の練習は、以前と比べて非常に合理的になっています。基礎体力を強化するトレーニングは、パッと終わらせて、技術力を高めることに重点を置くようになっています。

 引退した次の年に私は卓球用品総合メーカーのヤマト卓球(現ヴィクタス)の社長に就任しました。直接卓球に関わる仕事だったので、引退しても時々人に頼まれて卓球講習会で教えたり、トレーニングをしたりと、まだ、体を動かす機会があったんです。