テニスも食と一緒に楽しむコンセプトで

 個人的には、テニスとマラソンを10年ほど続けています。僕の場合、仕事での移動は多いのですが、立場上歩くことが少ないんです。人に会いに行くにも時間優先ですから、会社からハイヤーが用意されてドア・トゥ・ドア。長距離の移動でも、すぐに飛行機や列車に乗ってしまいます。そして夜は夜でビジネス会食が多くて、ドサッと3000kcalくらいの食べ物が出てきてしまいます。

[画像のクリックで拡大表示]

 そんな生活をしていると、アパレル会社なのに格好良く服が着られない体形になってしまうことに思い当たったんです(笑)。ファッションを扱う経営者の着こなしが良くないというのは、説得力がなくなりますから。健康診断に行くと、「週に何回運動をしていますか」ということを聞かれますよね。それで適度な運動が必要だということで、テニスを始めたんです。

 週に1回、テニスを習いに行っているんですが、ここ数カ月はそれも少し滞りがちで、月に1回くらいしかできていないですね。レッスンに通いながら、四半期に1回、ストライプのテニス部に参加している程度です。こちらもコンセプト・テニスで、この間は“きりたんぽテニス”と言って、高輪プリンスホテルのテニスコートでプレイした後、社員たちときりたんぽを食べるという会を開催しました。どちらかというと、テニスの後のお酒がメインの活動なんです(笑)。

 テニスを始めた後、すぐにマラソンも始めました。地方のマラソン大会にも参加しています。生まれ育った地元の岡山で開催される大会や、先日は北九州マラソンにも出ました。でも、ホームタウン以外の大会に出場する際は、やっぱりコンセプト・ランにしています。北九州では“もつ鍋ラン”ということにして、現地のスタッフとの交流も兼ねて参加しました。結局、プライベートではなくて仕事の一環になってしまいますが、それでも楽しいですね。

次ページ トレーナー指導のもとマラソン完走に耐える体づくり