長期と短期の視野で心の状態をコントロール

 モチベーションを維持・向上するためには、目標やビジョンを持つことが大切です。それも、心に思うだけでなく、「見える化」(可視化)するのです。私の場合は、エクセルのシートに5年後、10年後など長期的な視野で事業の構想を描くページを作っています。

 仕事をしていれば誰にでも、ストレスを感じたり、心が折れそうになったりすることはあるでしょう。私自身も、日々の忙しさや予期せぬトラブルなどでそうした状態に陥ることがあります。そんなときは近視眼的になっていることが多いので、長期的な事業構想を描いたエクセルのページを開いて、目の前の忙しさやトラブルに囚われた視点を5年先、10年先へと移してみる。すると大局的な視点になり、気持ちがスッと楽になります。

 一方で、私はその日に起こったことや感じたこと、学んだこと、出会った人のことなどを、1行で書き記す「1行日記」のページも作っています。未来に対して漠然とした不安を抱えてしまうようなときは、この1行日記のページを開くんですね。そうすることで視点を「今」に移すことができ、「まずは1日1日を大切にしっかり生きよう」と思えるようになり、漠然とした不安も消えていきます。

 モチベーションが下がったり、ストレスや不安を感じたりしたときは、こんなふうに自分の時間軸をコントロールすることで、心の状態を切り替えることができます。