:予備成形が済んだ材料を、芯の太さに「押出し」ます。これで鉛筆の芯らしくなりました。

:この段階では水分が抜けていないので、ふにゃふにゃしています。これを曲がらないように「乾燥」させます。すると、かなり硬くなるのですが、さらにこの後高温で焼きます。焼く時に酸化が起こらないように、耐熱性の容器に入れます。これが「ルツボ詰め」です。

水気を飛ばして、高温で焼く

:そして、ルツボに入れた状態で約1000~1200℃で焼く「焼成」を行います。

:粘土を練って焼く、これってまるで…。

:そう、鉛筆の芯には、焼き物をつくっているみたいなところがありますね。

:最後に、芯を折れにくく、そして書き味をなめらかにするために、油を染みこませます。焼き固められて水分が抜けたあとの空間に、油分が入っていくイメージです。