それでも、アパレルと生きる

取材・文/杉原 淳一

不振から抜け出せないアパレル業界。大量生産とOEM(相手先ブランドによる生産)に依存したビジネスモデルは限界を迎えている。販売員の使い捨て問題も依然、深刻なままだ。では、その先にどういう未来を描けばいいのか。アパレル産業の最前線で奮闘する関係者の姿や個性的なビジネスモデルを追い、未来につながるヒントを探る。

※記事は順次、追加していく予定です