ロボットは床にあるQRコードで自分の位置を把握している。棚自体が動くようになったことで、数時間かかっていた作業が数分になった
消費者の注文が入ると、最も早く出荷できる棚をコンピューターが判断して、その棚を作業者のところまで動かす。人間はモニターを見ながら対象の商品を出すだけだ
棚の中をよく見ると、商品がランダムに収められていることが分かる。しかも、一つの小部屋に異なる商品が詰め込まれている
驚くべきことに、バラバラにして保管する方が効率的なのだという。どの小部屋に商品が保管されているかは商品を格納する時にハンドスキャナーで記録する
人間は空間を認識する能力に優れている。また、異なる商品の中から該当するものを瞬時に取り出す能力も高い。ロボットもそこまではまだできない