米国のeコマースで4割強のシェアを握る米アマゾン・ドット・コム。米高級スーパー、ホールフーズ・マーケットの買収によって、課題だった食品領域にも強力な足場を築いた。

 書店や出版社、百貨店などアマゾンの前に業界ごと轟沈した企業は数多い。先日、米玩具販売大手のトイザらスが破綻した。食品スーパーの株価が下落しているのは、投資家が「ここでも同じことが起きる」とみているため。ホールフーズとの融合でアマゾンが「業界」を破壊していくことは必至だ。

 日経ビジネスは10月2日号特集、「アマゾン ベゾスに見える未来」で、恐るべき勢いで巨大化しているアマゾンへの直接取材を敢行した。その中で、アマゾンが全米で建設を進める巨大なフルフィルメント(配送)センターに潜入している。アマゾンの強さと影響力の詳細は本誌に譲るとして、最先端のロボットが動き回る最新鋭の自動化倉庫の様子を動画と写真で見ていこう。(ニューヨーク支局 篠原匡、長野光)

 ※以下の動画をごらんください

アマゾンの本社があるシアトルの郊外にある最新鋭のフルフィルメントセンター。東京ドーム2個分の敷地に2000万を超える商品が保管されている(写真:Hayley Young、以下同)
フルフィルメントセンターがオープンしたのは2016年。ここでは2012年に買収したキバ・システムズ(現アマゾン・ロボティクス)のロボットが縦横無尽に動き回っている。従来のフルフィルメントセンターよりも小さいが、保管できるアイテムの数は増えた
以前は注文の商品を集めるため従業員が歩き回っていたが、今では商品を保管している棚そのものが動く
棚を動かしているのはオレンジと黒の小さなロボットだ。約340キロの重さまで背負うことができる。全世界で10万台が稼働しているという