ミュージカル映画『オズの魔法使い』を通して仕事をするうえで参考になる考え方などをお伝えするこのコラム。今回は、映画の中でもキーアイテムである、ルビーの靴にスポットをあてます。

 主人公の少女ドロシーは、カンザスの農場に襲来した大竜巻によって、家ごと飛ばされてしまいます。飛ばされた先は、小人の国マンチキン。落ちた際、その家で悪い魔女である東の魔女を押しつぶします。

 悪い魔女をやっつけたため、マンチキンの人々から大歓迎されるドロシーたち。その一方で妹である西の魔女は姉を殺されたと恨みます。西の魔女は東の魔女の履いていたルビーの靴を取ろうとするのですが、北の魔女の魔法によってその靴はドロシーが履きます。この靴には魔力があるため、これ以降、西の魔女はドロシーの靴を狙い続けます。

 西の魔女が空飛ぶ猿にドロシーとトトを捕まえさせたときに、ドロシーに「靴を脱げ」といいます。しかし、靴はドロシーが死なないと脱げないのです。そのため、靴を傷つけないようにドロシーを殺すにはどうするか、と考えるうちに、トトが逃げ出して仲間を連れてきて、ドロシーは逃げることができました。

 その後、西の魔女の城の中で、一行は追いつめられてしまいます。そこで、西の魔女がわらのかかしに火を放つのですが、それを消そうとした水によって魔女は溶けてしまいます。西の魔女はルビーの靴にこだわるあまり、自滅してしまうのです。

 実は、原作においてはルビーの靴は銀の靴でした。ドロシーは、この銀の靴の片方を西の魔女によって脱がされてしまい、それに怒ってバケツの水をかけると、魔女は溶けてしまいます。原作においては、魔女退治に密接につながっているように、靴の存在は非常に重要なのです。

靴の魔力

 それでは、ルビーの靴の魔力とはどのようなものでしょうか。ドロシーは、西の魔女を退治した証として、彼女が持っていたホウキをオズの魔法使いを演じていたアルタに渡し、アルタと一緒に気球でカンザスに帰ろうとします。しかし、猫を追いかけたトトのためドロシーが気球に乗り遅れて嘆いていると、北の魔女が現れて、「ルビーの靴のかかとを打ち合わせれば戻れる」と教えます。その通りにすると、ドロシーは元の家のベッドにいるのです。

 つまり、マンチキンに来てから、北の魔女に履かされたルビーの靴は、簡単にカンザスに戻る手段だったのです。帰り方はまさに足元にありました。

 私たちの社会にもそういうことがあるでしょう。解答が近くにあるのに気づかずに、遠回りするのです。見つけるためには、自分の回りをよく見て発見することです。「灯台下暗し」ともいいますね。

 そして、ルビーの靴のように、だれしも自分の気づいていない能力を持っています。気づいていない能力とは潜在能力もそうですし、特徴、個性、長所も含まれるでしょう。往々にして自分では気づかないものですが、親や師、友人、仕事仲間などが気づかせてくれることがあります。あるいは能力テスト、研修やカウンセリング、コーチングなどによってそれがわかることもあります。それらを通して自分を客観的に見ることができます。能力に気づいたら、自分を信じて進むことが大切です。