5. 外食でNGの食べ方は?

 自分で味付けをコントロールできない外食は減塩が難しい。さらに、外食はどうしても味が濃くなる。上手に減塩するにはどうしたらいいだろう?

 まず、“意外に塩分が多い食材”を知っておこう。例えば、焼き肉や中華の定食に付いてくるキムチやザーサイは要注意だ。塩辛や明太子ほど強い塩味は感じないが、ザーサイは20g(定食に出てくる程度の量)の中に2.7gも塩分を含んでいる。洋食ではイタリアンの生ハムなどが意外と多くの塩分を含む。「生ハムは2切れ30g中に塩分が1.7gあります」と松田さんは指摘する。くれぐれも食べすぎないようにしよう。

[画像のクリックで拡大表示]

 次に“食べ合わせ”。牛丼とみそ汁のセットに含まれる塩分は約7gに達する。「みそ汁をやめれば、2gほど塩分を減らせます」(松田さん)。ビジネスパーソンがつい頼みがちな「ラーメン+半チャーハン+ギョーザ」もNG。摂取基準の8gなど一発で超えてしまう。

 減塩を考えるなら、ラーメンやうどんの“スープを残す”ことはもはや常識だろう。「ラーメン1杯、スープまですべて飲むと5~6gも塩分をとってしまいます」と松田さん。

 手っ取り早く食べられる丼よりも、定食の方が一般に塩分が少なくなる。「白飯とおかずの組み合わせにしたほうが、全体の塩分量が少なくてもおいしく感じられるようです」(松田さん)。天ぷらを食べたいときは、天丼よりも天ぷら定食を選ぶ方がいい。