「経営者に役立つ知恵の宝庫」。ローソンやファーストリテイリングの社長を歴任した玉塚元一デジタルハーツホールディングス社長は「システムデザイン」についてこう語る。システムデザインは企業や事業、製品を「システム」としてとらえ、価値を生むシステムを発案、設計、構築、評価するアプローチ。質問魔の玉塚社長が様々な経営課題を取り上げ、宇宙から農業、スポーツまで幅広い分野でシステムデザインを研究する神武直彦慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授にその要諦を尋ねる。

(進行役は日経BP総研の谷島宣之上席研究員、写真撮影=北山宏一)

ラガーマン玉塚元一氏(右)が、宇宙システム研究者で同じくラガーマンの神武直彦教授(左)にシステムデザインについて聞く。

玉塚さんは今、システムデザインに大変興味を持っており、そのきっかけは慶應義塾大学ラグビー部の法人化プロジェクトだと聞きました。話のつながりがよく見えないのですが。

玉塚:正式名称はラグビー部ではなく、慶應義塾體育會蹴球部です。我々OBは蹴球部と呼んでいます。蹴球部を支援する一般社団法人、「慶應ラグビー倶楽部」を今年3月1日付で設立し、7月に発表しました。

 蹴球部のOBとして私は法人化プロジェクトに関わり、法人を設立するまでにOBはもちろん、現役の部員、いち早く法人化に踏み切った京都大学アメリカンフットボール部の方などから意見をうかがいました。その一環で、蹴球部でのデータ戦略やその活用でお世話になっている神武さんからも助言してもらいました。

 そのとき、システムデザインという考え方、やり方を初めて聞き、これは経営そのものじゃないか、と思いました。私は昔から質問魔で気になることが出てくると相手を質問攻めにする癖があります。初対面で話を聞いた後、神武さんに「おじゃましたい」と電子メールを送り、数日後に押しかけて、システムデザインとは何か、じっくり教えてもらいました。

システムとは何か

神武:蹴球部の法人化については助言というほどのことではなく、システムデザインの考え方からすると、こういう点に配慮が必要ではないでしょうか、と申し上げた程度です。

 システムは結構使われる言葉ですが、何らかの目的を達成するために複数の要素を組み合わせたものとそのつながりのことです、と説明しています。目的を明確にし、それを成し遂げるシステムを構想し、要素を組み合わせる構造を考え、個々の要素から全体までつくりあげる。これがシステムデザインで、私が所属しているシステムデザイン・マネジメント研究科はこういうことを学生や社会人学生と、あるいは学外の企業や団体と共に研究しています。

システムと聞くと情報システムやIT(情報技術)を思い浮かべてしまいますが。

神武:何かのシステムを見たとき、それを構成する要素にITが入ることが多いでしょう。ただし、必ず入るとは限りません。よく、「システムデザイン・マネジメント研究科はSE(システムズエンジニア)を育成するところですか?」と聞かれるのですが、いわゆるIT産業のSEだけを育成しているわけではありません。

玉塚:いくつかの会社で社長をしたとき、会社を支援するコンサルティングの仕事をしていたとき、情報システムやITにはいつも悩まされましたから、その辺りには大いに関心があります。ただし、システムデザインで言うシステムはもっと広範囲で、企業や団体までも対象ですね。

神武:ええ、組織も一つのシステムです。慶應ラグビー倶楽部という一般社団法人の新設は新しい組織をつくるプロジェクトですから、システムデザインの考え方やり方を当てはめることができますね。