全6474文字

システムデザインの経験をどこで積むか

玉塚:そのような人をどう育てるか。事業会社からすると、経験を積ませるというやり方になるのですが、どうしても受け持った仕事を極めていき、エキスパートを目指す方向にいきがちです。これはこれでよいことでもあるのですが。

神武:先ほどのVモデルのように一通りのシステムデザインを経験する必要があるわけですが組織の中にいるとその機会がなかなかない。我田引水になりますが、私の所属先であるシステムデザイン・マネジメント研究科はそのための機会を用意しています。企業から選ばれたような人もいれば、自ら志願して来られた人もいます。

 社会人の場合、大半が所属組織や自分ごとの課題をお持ちなので、講義や研究においてもその課題を達成するためにどういうシステムが必要なのかを考えてもらうと理解も早く、納得して頂けることが多いように思います。システムはビジネスモデルのこともあれば製品やサービスのこともあります。

 日頃から課題と対峙している人が大半ですが特定の組織の中にいるとどうしても過去を踏襲するやり方をとることが多くなります。あるいは自部門でやれる範囲でなんとかしようと考えてしまいます。

 そこで、いったん現場を離れ、システムデザインの考え方を身につけていただく。すると一種の化学変化が起き、新しい視点に気付き、アイデアを生み出せることが結構あります。それらを組織に持ち帰り、事業や仕組みを実際につくった人も少なくありません。

玉塚:システムデザインの考え方や手法を頭に入れてもらった上で、経験を積み、時には修羅場をくぐってもらう。そういうタレントマネジメントをしていく必要がありますね。

神武:現場で経験をしてこられた社会人にシステムデザインを学んでいただくと、過去を振り返ってあのときこうすればよかった、これからはここに時間をかけなければ、といったように色々気付いて頂けます。

 例えば前回お話した、「ニーズ(需要)」と「要求」は異なる、顧客からニーズを聞いた後、それらを分析し、設計すべきシステムの要求を明確にしないといけない、といった説明をすると、膝を打つ社会人の方が多いです。組織に入って働いたことがない学生に同じ説明をすると「顧客が正しい要求を明確にできないのはなぜですか」と聞いてきたりしますが。

玉塚:「ニーズと要求は別」と頭に入れて社会に出ると、かなり違ってくるのではないですか。社会人にせよ、学生にせよ、どこかの段階でシステムデザインの考え方に触れておくことは大事でしょう。

カギはタレントマネジメント

神武:玉塚さんの会社では従来のゲームメーカー向けのテスト事業に加え、一般企業向けのデジタル機器やソフトウエアのテスト事業と情報セキュリティ事業を始めています。そういう事業変革の際に人材育成はどうしているのでしょうか。

玉塚:例えばテスト事業では、テストエンジニアの育成に強みを持つ企業とのアライアンスを通じ、教育プログラムを充実させています。情報セキュリティ事業では、デジタルハーツサイバーセキュリティブートキャンプという名称の社内学校をつくり、情報セキュリティのプロを学長として招き、当社のテスターの中から素養がある人を選んで、2週間ほどみっちり勉強してもらっています。

 ブートキャンプは座学とシミュレーションによる実習が中心なので勉強が終わったら現場でシステムの脆弱性診断といったリアルな業務をしてもらいます。ゲームのテストと情報セキュリティはもともと別の仕事ですが、どちらも集中力と根気が必要という共通点があります。

 ゲームのテストと情報セキュリティ、マルチプレイができるようになった人の中から同僚をコーチできる人が出てきてほしいと思っています。

 カギはタレントマネジメントをきちんとすることでしょう。ポテンシャルのある人、やる気がある人、成果を挙げた人には難易度がより高い仕事を用意し、結果を評価し、成果に報いていく。

 一方、どのような情報セキュリティ事業が我々にできるか、そのシステムデザインについては何人かのリーダーと私が週次で議論し、走りながら進めています。このようなことを通じて、当社のメンバーにもシステムデザインを身に着けてもらえればと考えています。

神武:新規事業をつくりつつ、既存の事業にも取り組む必要があるわけで、そのあたりのかじ取りが難しいところでしょうね。

玉塚:仰る通りです。多くの経営者が苦労されている点だと思います。今度は既存事業の変革について話しましょう。

今回のキーワード

システム思考(System Thinking)
全体を見て、なおかつ詳細を見るための方法。個別の物事そのものと、それらの関係性の両方を俯瞰的かつ緻密に捉える考え方。

Vモデル(V Model)
システムデザインの基本的な考え方をまとめたもの。V字の左側を「分解」と呼び、システムがどのような要素で構成され、相互作用すると目的が達成されるかを考える。右側を「統合」と呼び、実際にそれぞれの要素が適切に実現され、適切に組み合わさっているかどうかを確認する。