電通若者研究部(電通ワカモン)が最近の若者の実態から世の中の今後の潮流を探ります。若者の長期休みの過ごし方から、「時間の高密度化」というキーワードで、世の中の潮流を読み解いていきます。情報流通構造の変化により、今の時代の若者たちは常に忙しく、暇な時間が少なくなっていると考えられます。