前回は、アルコールがもたらす社会的な問題について解説しました。今回からは2回にわたって、身体への悪影響について解説します。

 アルコールが引き起こす、代表的な健康障害には下記のものがあります。

  1. 急性アルコール中毒
  2. アルコール性肝障害
  3. がん
  4. 急性膵炎、慢性膵炎
  5. アルコール性心筋症
  6. 多発性単神経炎
  7. 大脳のびまん性萎縮
  8. 外傷(転倒など)

 非常に多岐にわたっていて、全身にくまなく影響することが分かります。

 まずは①急性アルコール中毒。

 以前から繰り返し問題になりながら、急性アルコール中毒で亡くなる人は後を絶ちません。特に、大学生や新社会人などの若年層の報道が目立つため、なおさら暗澹とした気持ちになってしまいます。

 急性アルコール中毒にならないようにするには、もちろん自分の酒量とペースの範囲で飲むことが肝心。それ以外の方法は存在しません。しかし、まだ自分の酒量が分からないなど、諸般の事情でそれを大幅に超えてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。

 実は、「嘔吐して(させて)アルコールを出す」というのは御法度です。

 アルコールはおよそ1時間で80%以上が体内に吸収されてしまいます。よほど短時間に飲んだのでなければ、既にアルコールの大部分は体内に吸収されており、嘔吐することに、意味はないのです。

 そればかりか、嘔吐物を誤嚥(気道に入ること)して窒息死するリスクが高まります。病院でも、重度の急性アルコール中毒の場合は、気管支挿管といって気管支にチューブを入れて、呼吸を確保した上で、治療に当たることがあるほどです。意識状態が悪ければ、点滴によってアルコールの血中濃度を下げるのが最善なので、とにかく病院に連れて行ってください。

 救急外来で忙殺されている医療者から、温かい言葉や反応が返ってくることは全く期待できませんが、だからといって放置することだけは、ないようにしましょう。

 次に、②アルコール性の肝障害。

 肝臓は、アルコールの影響が一番出やすい臓器であり、なおかつ重大な結果をもたらすこともあるので、次のページではマンガで詳しく解説します。