日本は多様な食事法を選べる

 それぞれの食事法には、歴史的、文化的、地理的背景もあるので、一律に優劣を競うのはあまり意味がありません。

 例えば地中海食はどの臨床研究でもおおむね高い評価を得るのですが、じゃあ「アジア全土で地中海食を推進しよう!」とはなりませんし、実現可能でもないでしょう。

 米国臨床内分泌学会/米国内分泌学会(AACE/ACE)のガイドラインでも「食事法は個人の文化や嗜好に合わせる」と明記されています。

 多民族国家・アメリカならではの、固有のバックグラウンドを尊重しようとする姿勢は好感が持てます。

 一方で「私は日本人だから日本食しか食べません」という人も稀だと思います。

 ごく一般的な日本人は、お刺身も食べればカルパッチョも食べるし、おじやも食べればリゾットも食べます。もちろん、うどんやそば、ラーメン、パスタも食べるでしょう。大型の食品スーパーに行けば、世界各国の食材や調味料がところ狭しと並んでいます。

 非常に多様な食生活を送っている日本人にとって、各食事法のメリット、デメリットを明らかにすることには非常に大きな意義があります。各食事法が自分の体質に適っているかどうかを判定できるし、「いいとこどり」をすることもできるからです(むしろ、本連載ではそれを目指していきます)。

 さて各食事法のメリット、デメリットを理解するには、三大栄養素、特に炭水化物と脂質の代謝(分解・合成)の流れについての基礎知識を身につける必要があります。

 それによって、自分は何に注意すべきかも判断できますし、なぜ食事法が乱立しているのかも分かります。

 次回は、食事を食べると栄養素がどう代謝されるかを解説します。

■参考文献
  1. 原均、岡村緑:IGTの疫学―国際比較を含めてー。Diabetes Frontier31992;129-35.
  2. Kim HC et al. Spousal concordance of metabolic syndrome in 3141 Korean couples: a nationwide survey. Ann Epidemiol. 2006;16:292-8.
  3. Evert AB et al. Nutrition therapy recommendations for the management of adults with diabetes.Diabetes Care. 2014 Jan;37 Suppl 1:S120-43.
本連載が1冊の本になりました。日本人の死因で最も多い「がん」を避けるためにはどうすればいいのか、マンガで分かりやすく解説しています

 日経ビジネスオンラインで好評の本連載が1冊の書籍になりました。
 書名は『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』。

 あなたは次のような「がん検診」の新しい常識に正しく答えられますか?

  • 肺がん検診、喫煙者ならば胸部レントゲン検査と、「〇〇」の検査を併用すべき
  • たった数年で前立腺がんの患者数が急増!?その背景にあった「〇〇〇検診」の影響
  • 胃がん検診、バリウムと胃カメラなら胃カメラに軍配! 理由は「〇〇がん」も検査できるから
  • 「大量に飲める人」と「弱いけれど少し飲める人」、肝臓がんのリスクが高いのはどっち?
  • ピロリ菌に感染する人が減ったことで、逆に「〇〇がん」のリスクは高まっている!
  • 大腸がんを調べる大腸カメラ、キツイのは検査よりその前の大量の〇〇だった
  • 検診を受けても見逃さないために! 乳がん検診はマンモグラフィーに〇〇〇を追加せよ

 本書では、現在も活動を続ける現役医師が、特技であるマンガを生かして、「日本一まっとうな」がん検診の受け方と使い方を解説します。

 肺がんや胃がん、大腸がんなど、日本人にとってメジャーな「がん」を見つける方法から、男性ならば誰もが気になる前立腺がんや前立腺肥大、ED(勃起不全)、若い女性にも広がっている乳がんや子宮頚がんについて――。

 日本人に多い10のがんを取り上げて、正しいがん検診の受け方、使い方を紹介。同時に、最近取り沙汰されることの多い「PET検診」や、少量の血液や尿などからがんを見つけるとうたう「血液がん検診」など、「がん検診」をめぐる最新のテーマについても、マンガを用いながら、分かりやすく解説しています。

 一冊読めば、あなたが「がん」や「がん検診」の怪しい情報に惑わされることは、もうありません。