「エビデンス」を過信しすぎないこと

 ここでは「エビデンス」よりも、雷を避雷針で誘導すればほかのところには落ちにくくなるという「理論」を優先しているのです。

 つまりエビデンスがあれば無条件に信じていいわけではないし、エビデンスがないものは一切信じないというのも、やはり偏った考え方なのです。

 端的に言うと、「エビデンス」とはデータをたくさん集めて、それらの平均値を出したもののこと。平均はあくまで平均にすぎません。もちろん、グループ全体にこういう傾向があるということは言えるので、全体の方向性を決めたり、政策的なことを考える上では必須のものですが、それぞれの個人に対して、100%適用できるものではありません。

 特に健康問題のような「個人差」と「日々のバラツキ」が大きいものに関しては尚更です。

みなさんの周りには、「健診にはエビデンスがないから意味がないんだ」という人もいるでしょうし、「健診は一応受けているけど、生活習慣は改善できない」という人もいるでしょう。

 そもそも健診には現状を評価するというフェーズと、問題があればそれを生活習慣なり薬なりで改善していくフェーズがあります。

 問題が見つかっても改善することができなければ、健診を単に受けているだけになってしまいます。

 そういう人が多ければ、平均的なデータ(エビデンス)は薄まって、全体としての結論は「健診には効果がない」という方向に振れていくでしょう。

 しかし、それを鵜呑みにしなくてはいけない理由も実はありません。

 この際、周りがどう考えているか、平均的なデータがどうかということは参考にとどめてよいのではないでしょうか。何よりも大切なのは、ほかならぬ皆さん自身がどう考えるか、ということです。

 「生活習慣病→動脈硬化→脳卒中、認知症→要介護という流れがあって、大本の生活習慣病のチェックのために健診は必要だ」と理論的に思えば、やはり健診は受けた方がいいでしょう。

 そして、健診を受けるだけではなく、健診の結果を踏まえた上で適切な食事や運動といった、良い生活習慣をいかにして日常生活に落とし込んでいけるかが重要です。

 では、その適切な食事や運動と言うのはどういったものでしょうか? 次回から詳しく解説していきます。

(次回に続く)

本連載が1冊の本になりました。日本人の死因で最も多い「がん」を避けるためにはどうすればいいのか、マンガで分かりやすく解説しています
本連載が1冊の本になりました。日本人の死因で最も多い「がん」を避けるためにはどうすればいいのか、マンガで分かりやすく解説しています

 日経ビジネスオンラインで好評の本連載が1冊の書籍になりました。
 書名は『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』。

 あなたは次のような「がん検診」の新しい常識に正しく答えられますか?

  • 肺がん検診、喫煙者ならば胸部レントゲン検査と、「〇〇」の検査を併用すべき
  • たった数年で前立腺がんの患者数が急増!?その背景にあった「〇〇〇検診」の影響
  • 胃がん検診、バリウムと胃カメラなら胃カメラに軍配! 理由は「〇〇がん」も検査できるから
  • 「大量に飲める人」と「弱いけれど少し飲める人」、肝臓がんのリスクが高いのはどっち?
  • ピロリ菌に感染する人が減ったことで、逆に「〇〇がん」のリスクは高まっている!
  • 大腸がんを調べる大腸カメラ、キツイのは検査よりその前の大量の〇〇だった
  • 検診を受けても見逃さないために! 乳がん検診はマンモグラフィーに〇〇〇を追加せよ

 本書では、現在も活動を続ける現役医師が、特技であるマンガを生かして、「日本一まっとうな」がん検診の受け方と使い方を解説します。

 肺がんや胃がん、大腸がんなど、日本人にとってメジャーな「がん」を見つける方法から、男性ならば誰もが気になる前立腺がんや前立腺肥大、ED(勃起不全)、若い女性にも広がっている乳がんや子宮頚がんについて――。

 日本人に多い10のがんを取り上げて、正しいがん検診の受け方、使い方を紹介。同時に、最近取り沙汰されることの多い「PET検診」や、少量の血液や尿などからがんを見つけるとうたう「血液がん検診」など、「がん検診」をめぐる最新のテーマについても、マンガを用いながら、分かりやすく解説しています。

 一冊読めば、あなたが「がん」や「がん検診」の怪しい情報に惑わされることは、もうありません。