あなたは肥満? 肥満症? メタボ?

 項目が定期健診と相当かぶっていることが分かります。そのため、定期健診をきちんと受けていれば、特定健診を受けなくてもいいという健保組合もあるので、ご確認ください。

 ここで「肥満」「肥満症」「メタボ」の定義を確認します。

 まず、「肥満」とは具体的にどういうことでしょうか。

 肥満かどうかは一般的に「BMI」で判断します。「BMI」とは「Body mass index」の略で、身長と体重のバランスを表す指標です。

 体重(kg)を身長(m)の2乗で割って算出します。例えば身長170㎝、体重70kgの人の場合、
BMI=70÷1.7÷1.7=24.2、となります。

 BMIは22が理想で、値が小さくなるほど「やせている」、大きくなるほど「太っている」ことになります。

 そしてBMIが25以上のことを「肥満」と定義します。170cmの人の場合は、「1.7×1.7×25=約72.3キロ」なので、これ以上だと肥満だということになります。

 ちなみに「肥満」はあくまで肉体の状態であって、それだけであれば、別に病気ではありません。

 次に、BMI25以上で、なおかつ肥満が原因の病気を合併している場合に「肥満症」とよび、これは病気として扱います。

 肥満が原因の病気には、下記の11種類があります。

  1. 糖尿病
  2. 脂質異常症
  3. 高血圧
  4. 高尿酸血症、痛風
  5. 狭心症、心筋梗塞
  6. 脳梗塞
  7. 脂肪肝
  8. 月経異常、妊娠合併症
  9. 睡眠時無呼吸症候群
  10. 整形外科的疾患(変形性関節症、腰痛症)
  11. 肥満関連腎臓病

 上記の通り、糖尿病、脂質異常症、高血圧などの概念が入ってくるので、「肥満症」は「メタボ」に非常に近い概念なのですが、決してイコールではありません。

 メタボにはメタボ独自の診断基準があります。まず、おへその高さの腹囲が、男性で85cm、女性90cmを超えていることが前提条件です。

 血圧・血糖・脂質の3つのうち、基準を超えるものが2つ以上あるとメタボリックシンドロームと診断されます(1)。分かりやすく、次のページではマンガで説明しましょう。

次ページ メタボ検査、なぜお腹周りを測定するの?