前回、「乳がん検診が揺らいでいる」と述べました。どういうことかと言うと、乳がん検診を受けていたにも関わらず、乳がんを早期の段階で見つけることができなかったというケースが散見されているのです。

 本当に乳がん検診に意味があるのか、という問題が提起されつつあります。

では一体、現状で何が足りなくて、今後はどうすればいいのでしょうか。順を追って解説します。

 現在、乳がん検診として行われている主な画像検査はマンモグラフィーです。

キャノンメディカルシステムズのサイトより転載

 マンモグラフィーは、機械で乳房を挟み込み、レントゲンを当てることによって乳がんの有無を診断するという検査です。簡便で比較的安価だし、世の中に広く普及していて、蓄積されているデータも豊富です。

 さらに、検査することにより乳がんの死亡率を減らすというエビデンス(科学的な証拠)があるのは、現状ではマンモグラフィーだけです。そのため自治体の健診では、マンモグラフィー以外は原則的に認められていません。

 ただし、これは必ずしもマンモグラフィーがベストだということを意味しているわけではありません。残念ながらいくつかの弱点があるのです。

 まず、乳房を強く挟み込んで検査をするので、時に強い痛みが生じます。検査が不快であれば定期的に受けようというモチベーションが下がってしまいます。この点は、健康な人が自発的に受けるというがん検診の性質上、一つのマイナスと言えるでしょう。

 次に、医療被曝をするという点です。被曝量は決して多くはないので、原則的には問題になりませんが、一つだけ注意点があります。

 それは、前回解説した、BRCA1/2遺伝子変異を持つ人たちです。

 この、乳がんのリスクが非常に高いグループに関しては、マンモグラフィーによる被曝がむしろ発がんを助長する可能性があるのです。そのため、30歳未満の場合は避けるべきだという報告されています。

 自治体の検診で乳がん検診の対象が30歳未満となることはありませんが、仮にあなたが30歳以上でも、近親者に乳がんに罹った人がいる場合は、検査を担当する医療者にきちんと伝えるようにしてください。

 そしてマンモグラフィーの一番の問題は、病変の見逃しがあり得るということです。

 乳腺の濃度が高いと、マンモグラフィーで乳房全体が真っ白に写ってしまいます。病変も白く写ることが多いため、真っ白な背景の中に隠れてしまい、見逃す可能性が高まるのです。特に、アジア人や若い人ほど乳腺濃度が高いことが知られています。

乳がん画像診断ネットワークのサイトより転載