今回取り上げるのは、女性の大敵である乳がんについてです。

 がん情報サービスによると、乳がんの罹患数(1年間に“新たに”乳がんと診断される人の数)は7万人を優に超えており、女性のがんの中でダントツの1位になっています。そして、2015年の年間死亡数は1万3584人(5位)にのぼります。乳がんは、罹患数、死亡数ともに一貫して増加傾向にある、要注意のがんです。

 男性の場合、胸にしこりがあったとしても、まさか自分が乳がんだとは思わないでしょう。「なんだろう?」と思っているうちにどんどん進行してしまい、完治できる時期を逃すということもありえるので、注意が必要です。

そうはいってもやはり、乳がんは圧倒的に女性に多い病気です。そして実は、がんの中でも少し変わった一面を持っています。どういうことでしょうか?