大腸がん、どうやって見つける?

 では、どうやって大腸がんを、できることならポリープの段階で見つけることができるのか、という問題に集約されます。

 現在の健康診断や人間ドックで、大腸がん検診としてまず行われるのは「便潜血検査」です。便の一部を容器に入れて提出し、便の中に血液が混じっていないかどうかを調べる検査です。

 大腸がんやポリープなどの病変があれば、便が通過するときにすれて出血する可能性があります。それが起こっていないかをチェックするのが基本的な考え方です。