オヤジギャグの思考も同じ

 あと、もう1つ。名古屋人と似たような思考というか発想をしている人たちがほかにもいるんです。すぐに「オヤジギャグ」を言う人です。そう、会議室で「この椅子、座り心地がナイスだね♪ なんちって」とか言ってくる人です。

 オヤジギャグ愛好家は、キーワード連想が得意。常に「何か面白いことを言ってやろう」と思っていて、頭の中で本来なら結びつかないような言葉を高速で結びつけています。思いついたことを後先考えずに口に出しちゃうところも、「とりあえずやってみよう」と考える名古屋人と似ています。

 だからオヤジギャグを言ってくる人を冷ややかな目で見ないであげてください。むしろ「すごい発想力ですね!」と褒めてあげる。同じギャグをしつこいぐらい何度も言ってくる? その場合は…。「いつもと違うのくださいよ~」と頼んでみましょう(笑)。

*本記事は「日経ビジネス アソシエ12月号」掲載のコラム「アイデアは意外と明後日の方向からやってくる」を一部改編したものです

 次世代リーダー向けのワークスタイルマガジン「日経ビジネス アソシエ」。12月号の巻頭企画は、「乗ったもん勝ち 働き方改革」です。
 「働き方改革」に関しては、まだ“半信半疑派”の方が多いのが現実かもしれません。ただ一方で、その成果を実感する声が増えつつあるのもまた事実。社会の流れはおそらく、もう変わりません。どうせなら「乗っかったもん勝ち」という意識で、自分が“得する”働き方に取り組んでみてはいかがでしょう?
 今回の総力特集は、現場で頑張るリーダーやメンバーはもちろん、管理職や経営者にとっても、「働き方改革」を進める上でのヒントとノウハウが満載。ぜひ手にお取りください。