全3367文字

「仕事量は減らないのに、会社からの“強制時短”は厳しくなる一方。残業代が減るだけで、一体何の得があるのか」――。「働き方改革」に関しては、まだ“懐疑派”の方が多いのが現実かもしれない。そうした中、カルビーは働き方改革に先進的に取り組み、8期連続の増収増益を果たしている。その旗振り役で、会長兼CEOの松本晃さんに、社員も納得する「働き方改革成功の秘訣」を聞いた。

(聞き手=藤原達矢/写真=稲垣純也)

「働き方改革」が浸透しない理由

何のために「働き方改革」を行うのか、疑問を感じている人も多いようです。

 働き方を変える目的がはっきりしていないからでしょう。そこが明確にならないと人は動きません。なぜ「働き方改革」を進めるかといえば、一言で言うと今より「成果を上げるため」。ひいては「社員が豊かになるため」のはずです。

 にもかかわらず、働き方改革の目的を明確にしないまま、残業時間の削減ばかりに議論が集中するのはナンセンスの極みです。

 豊かさとは「金銭的」なものだけとは限りません。今の時代は「時間的」とか「社会的」な豊かさを求める人が増えていますから、会社はそれに応える必要があります。

 成果は、必ずしも労働時間に比例するとは限りません。生産性を向上させれば、短時間でも成果は上がります。

 そのために経営者は、効率良く働ける環境や制度を作ってあげる。成果が出ない原因が会社側にあるなら、それを取り除いてしまえというのが私の考えです。

 カルビーも全員の働き方が180度変わったわけではありません。ただ、私は社員に「会社が評価するのは成果」というメッセージを常に伝えています。

 すると、少しずつ自分で考えて働き方を見直す社員が出てくる。世の中、制度を変えたからと言って「ヨーイドン」で全員が同時に走り出すことはあり得ません。すぐに飛び出す社員もいれば、いまだに動かない社員もいますが、全体としては、徐々に会社が示した方向へ変わっていくものです。ですから全員がついてこなくても「会社の方針はこうだ」ということを常に示さなくてはなりません。