全3929文字

 2012年のロンドン五輪で「金メダリスト」になってから5年。今年5月20日、プロの「世界チャンピオン」を目指してWBA世界ミドル級暫定王者アッサン・エンダム選手に挑戦し敗れたものの、不可解な判定が議論を呼んだミドル級プロボクサーの村田諒太さん。今週末の10月22日に、エンダム選手とのタイトルマッチ再戦を迎える。

 「負けることは許されない」。村田さんが語る、不可解な判定への思い、判定にもつれ込んだ前回の対戦への後悔、世界チャンピオンになるための“条件”とは。

(聞き手=高島 三幸/写真=厚地 健太郎)

村田諒太(むらた・りょうた)氏
1986年奈良県生まれ。中学生の時にボクシングを始め、南京都高(現京都廣学館高)時代に国体やインターハイなど高校タイトル5冠を達成。東洋大学に進学し、2008年北京五輪を逃し第一線を退く。翌年復帰し、11年世界選手権で日本人選手初の銀メダル、12年ロンドン五輪男子ミドル級では金メダルを獲得。2013年プロに転向し、13戦目で挑んだアッサン・エンダム選手に判定で敗れたものの、その判定が不可解としてWBAの会長が不満を訴え、今年10月22日に異例の再戦が決定。帝拳ボクシングジム所属。読書家。182cm。

(前回記事「再戦・村田諒太が語る『プロの頂点』の意味」から読む)

10月22日に、世界王者の座をかけて暫定王者アッサン・エンダム選手との再戦が行われます。5月の判定で敗れた後、どのような気持ちで過ごしましたか。

 試合が終わって1カ月半ほどは、お世話になった方の挨拶回りや会食が忙しくて、落ち込むとか燃え尽き症候群になるとか、そんなことになる暇すらありませんでした。そもそも判定の結果は、自分の力ではどうすることもできません。自分で変えられないことに悩み、不安を覚え、翻弄されるほどムダな時間はないと思っています。

 米国の神学者ラインホルド・ニーバーによる『ニーバーの祈り』の中に、「父よ、私に変えねばならないものを変える勇気を、どうしようもないものを受け入れる冷静さを、そして、それらを見分ける知恵を与えてください」というキリスト教の教えがあります。それは「できること、できないことを冷静に判断できる自分を大切にしなさい」ということ。仏教の「諸行無常」という教えは「常に同じことは起こらない。だから今を生きることを大切にしなさい」という意味ですが、これも納得できる。

たくさんの哲学や心理学、神学などの本を読まれていますが、きっかけは?

 ニーチェなどの哲学書を愛読していた父に勧められて読むようになりました。「ネガティブなことをポジティブに考えよう」などと考え方を変えるようなメンタルトレーニングも勉強しましたが、良い結果が出た時はいいですが、結果が出ないとネガティブなままなんです。だったら無理にポジティブに考える必要はない。こうした数々の本から学んだ言葉の方が腑に落ちるし、どんな結果にも、心揺さぶられることなく、受け入れられるようになりました。