全2305文字

日本の家電市場ベンチャーの代表格であるバルミューダ。成熟市場に、個性的でデザイン性の高い新商品を次々と投下し、話題をさらっている。なぜ、そのようなチャレンジを続けられるのか。社長の寺尾玄氏が、その半生を振り返りながら自らの行動原則を語った。