「兄ちゃん、表情が良くなったね」

聞くようになったことで、ほかにも変化はあったのでしょうか。

 ドラマに出てきそうな素敵なエピソードを話していいですか? 私の妹は故郷で美容師をやっていて、毎年正月に帰省した時に私の髪を切りながら1年間の出来事をお互いに話すのが恒例行事。「あまちゃん」の撮影が終わった翌年の正月のことです。妹が「兄ちゃん、変わった」って言うんですよ。

 それまでの私は相談を受けたら、すぐに自分としての答えを口にしていたそうです。ところが、「今日は話をじっくり聞いてくれたから、話しやすかった」って。人を半ば見下ろすような性格も変わったのでしょう。「笑うと口元に浮かんでいた皮肉な表情が消えた」とも言ってくれました。

 かつては「妹のためになる」と思って、自分の考えばかりを話していた。でも伝えることだけが重要ではない。妹の言葉で、「そうか、話し手はまずは“聞いて”ほしいんだ」と確信したし、「自分は変われたかもな」と少し自信がつきました。長時間話し込んだから妹が切りすぎて、すごい短い髪形になりましたけどね(笑)。

1週間、恋愛映画だけを観る

「エゴを捨てて、とにかく人の話を聞く」。言うのは簡単ですが、簡単な話ではない気がします。

 誤解されがちですが、聖人君子を目指すわけではない。「目の前の状況をありのままに受け入れる」と発想を変えてみてください。

 確かに「自分を変える」という意味では大きなストレスなので、努力しました。自己中心的なエゴを捨てるには、「心の中にもう1人の自分を作る」ことがポイントになる。自分を見るのと同じように、相手も視野に入れられますから。だから、普段やらないことに集中して取り組む“1週間チャレンジ”を習慣づけました。

 例えば、「この1週間は親切になる」と決めて、ひたすら親切な行いを心がけるとします。エレベーターで全員が降りるのを待ったり、困っていそうな人に率先して声をかけたり。すると「人に親切にするとこんな反応が得られて、こんなうれしい気分になるのか」と「普段なら気づけなかったことや、いつもと違う自分」を発見できる。この時点で一歩引いて自分を見ることができている。

 つまり、目の前の状況を俯瞰して見る姿勢に少しずつ慣れて、逆に「オレがオレが」という超主観的な考えを弱められる。ほかにも「苦手な恋愛映画だけを鑑賞する」「街で人とぶつかりそうになったら、必ず自分が先に避けて道を相手に譲る」といろいろやりましたね。

仕事相手との関係が劇的に良くなるなら、聞く力を身につけない手はありません。

聞く姿勢を徹底し、周囲と一緒に前向きに楽しく取り組む吉田さんの評判が広まった結果、他社からも仕事の声がかかるように。「探偵はBARにいる3」(DVD&ブルーレイ:6月13日発売  発売:東映/東映ビデオ  販売:アミューズソフト)の監督も務めた。

 効果はもっと大きいですよ。「サラリーマンNEO」を担当していた時、周りから「仕事が引く手あまたでしょう」とよく言われましたが、依頼が来たことは1回もありません。スタッフはほかの撮影現場に行っても、私のことを良くは言わなかったはず。誰だって、自分の存在を認め、話を聞いてくれる人を信頼するし、一緒に仕事がしたいのもそういう人です。

 でも、「あまちゃん」が終わってからは、ものすごい数の依頼を頂くようになりました。これは「あまちゃんの大ヒット」だけでは説明がつかない。きっと、「吉田と仕事すると楽しい」と思ってくれたスタッフが、あちこちで私を“営業”してくれているんだと思います。本当にありがたいことです。