全1745文字

<NG 5> 自分のミスを「ビジネス上の力関係」で解決する

 試作品を会議で見せたら“上”から大幅な変更を命じられた――。社内調整の段階では、こうしたことはよく起こる。そんな状況で受注先に変更指示を出す時、悪びれもなく「やってください。やってもらわないと困ります」という人がいる。そんな物言いは発注先を不快にさせる。「自分の非を認めたうえで相手を気遣いましょう」(前川さん)。

前川孝雄(まえかわ・たかお)さん
FeelWorks代表。働きがい創造研究所会長。1966年生まれ。大阪府立大学経済学部卒業。リクルートを経て2008年、人材育成支援のFeelWorksを設立。350社以上で「人が育つ現場」作りを支援。近著は『5人のプロに聞いた! 一生モノの 学ぶ技術・働く技術』(阿部正浩/前川孝雄編、有斐閣)。