全2684文字
大手IT企業の課長だった神田次郎さん(仮名)は、3年前、突然のリストラを機に、44歳で人生初の転職活動を余儀なくされた。神田さんの転職活動の顛末から透けて見える「中高年転職」のシビアな現実とは――。(文=藤原 達矢)
神田次郎さん(仮名)
国立大学を卒業後、東証一部上場の大手ソフト ウェア開発会社に入社。管理職としてチームをま とめ、年収は1000万円を超えるも、44歳で突 然のリストラ宣告を受けて、初めての転職活動を スタートする。

 44歳で人生初の転職をした神田次郎さん(仮名)。きっかけはリストラだ。新卒で大手ソフトウエア開発会社に入社。技術部門の課長としての年収は1000万円を超え、「勝ち組」人生を送っていたが、2015年5月末、事業再編を理由に突然の〝雇用関係の解消〟を言い渡される。

 「部長に呼び出された時は、そんな話だとは夢にも思わず、宣告された瞬間は頭が真っ白になりました」と神田さんは当時を述懐する。

 会社が決めた退職日は、3カ月後。転職活動に有利な「自己都合」での退職扱いとし、年収2年分の一時金を支払うという。一瞬絶望の淵に叩き落とされたが、神田さんは腹をくくって、翌日から転職活動をスタートした。

あきらめてもらった夏休みの旅行

 書店で転職ノウハウ本を買い、40代以上で転職活動を経験した人たちのブログを読みあさった。半年前に同じようにリストラされた先輩にも会いに行った。40代の転職は非常に厳しいものの、可能性がないわけではないことも分かり、少しだけ気が楽になった。

 「とはいえ、家族に伝えるのは気が重かった。息子の夏休みにどこか旅行に行きたいね、という話が出たのを機に、ようやく妻に話し、旅行もあきらめてもらえたのですが、息子にはかわいそうなことをしたなと、今でも心が痛みます」

 神田さんは、転職活動に踏み出すに当たり、自分の中で3つの目標を設定した。1つは、退職する3カ月後までに転職先を決め、退職の翌日から新しい会社で働き出すということ。「在職中に転職活動を終わらせないと成功率が下がるという話も耳にしていたし、子供が私立中学に入ったばかりだったこともあって、無収入の期間を作るのは厳しかったからです」

 勤務地にもこだわった。「家族の生活もあるので、東京近郊にある自宅から1時間で通える会社を中心に探しました」。

 妥協したのは年収だ。「3カ月以内に決めるとなると、年収アップや現状維持は難しいはず。4割のダウンまでなら受け入れようと決めました」。