インスタグラムから生配信番組へ

 8月24日夜、記者は撮影を担当するカメラマンと共に、東京都港区にあるビルに取材に訪れていた。本特集でも紹介した、動画EC(電子商取引)アプリの「Live Shop!」を運営するCandeeの本社兼スタジオだ。Live Shop!は、ライブでの動画配信と商品販売を組み合わせ、インフルエンサーが自分のオススメの洋服や化粧品を視聴者に紹介し、販売する仕組み。この日は、午後9時からゆうこす氏が約1時間のライブ動画番組に出演することになっていた。

 簡単な打ち合わせを終え、午後9時過ぎにゆうこす氏が登場し番組が始まった。ところが、彼女はiPhoneを手に持ち、何やら話しかけている。

「インスタグラムのみんな〜、Live Shop!はスタートしてるんですが、今からゆうこすが着ているアイテムの紹介だったり企画をやったりしていくので、よかったら私のプロフィールから飛んで見に来てください!」

なんと、写真共有SNSのインスタグラムで、すでに自身の様子を生配信していたのだ。

撮影中もインスタグラムでたびたびファンに呼びかけていた。(写真:的野弘路)
撮影中もインスタグラムでたびたびファンに呼びかけていた。(写真:的野弘路)

 この冒頭の1シーンに、ゆうこす氏のSNS活用のキモが隠されていると言っても過言ではない。

 インスタグラムには動画をリアルタイムで配信する機能があり、ゆうこす氏はちょっとした時間を使ってはこの機能を使い、自身の様子を配信している。インスタグラムの動画を見ているファンは通常、その配信が終わればアプリを閉じてしまうが、今回はインスタグラム内でLive Shop!を「告知」。そのままLive Shop!の番組を始め、視聴者の誘導を狙ったというわけだ。

 インスタグラムでゆうこす氏の活動をチェックしているファンの中には、Live Shop!の存在を知らない人もいる。ゆうこす氏は複数のSNSの間を自由に“飛び回り”、ファンにもさまざまなSNSを回遊してもらうことで、ファンとの距離を縮めたり、自身が関わるサービスの認知度を高めたりすることに成功している。こうした工夫はツイッター、ユーチューブ、LINE、ブログなど様々なSNSやネットサービスを多重活用することで、よりその効果が増している。

 さて、こうしてLive Shop!の動画番組は始まった。番組のテーマは「彼がOKする確率UP!? 告白テク」。女性が好きな男性に告白する時に、その成功確率がアップするようなコーディネートやメーキャップを紹介していった。

 ゆうこす氏は「最強モテ女子」をキーワードに、モテるためのテクニックやファッションを研究し、それを世の女性たちに伝授していくことをタレント活動の大きなテーマとしている。その姿勢も、若い女性らの人気を集めている要因だという。

 ゆうこす氏は「ポイントは、ちらっと肌見せをして彼をドキッとさせることと、男性が『狩猟本能』をくすぐられる揺れるアクセサリーです!」など軽妙なトークを織り交ぜながら、自身が選んだ洋服やアクセサリーを解説。商品には一瞬で注文が殺到した。Live Shop!では人気の出演者の場合、購入できる権利が抽選になる仕組みも導入しており、この日ももちろん抽選。ちなみに、ゆうこす氏は、「告白は…。されたことあったかな?するでもなく、されるでもなく、させる!」とのことだ。

 番組内ではこのほか、ゆうこす氏のファンという2人の若い一般女性もゲストとして登場。それぞれに似合った「告白向き」のメーキャップをゆうこす氏が直接指導する一幕もあった。時には自身の体験談を織り交ぜながら、時にはゲストの女性と告白について意見を交わしながら順調に進行。後半では「告白が成功する確率がUPする心理テク」と題し、視聴者がスマホから参加できるアンケート企画も実施した。

次ページ 深夜にはLINEで自宅を公開も