渋谷にはフォトジェニックなスポットはない

記者:最近では、ユーチューバーを起用した動画のPRも増えています。

山名:私はユーチューバーの動画は見ないですね。長いイメージがあって。

中濱:私は、はじめしゃちょーさん(編集部注:人気ユーチューバー)はよく見ます。意外と短い動画もあるし、空き時間に気軽に視聴できるから。自分の周りにはいない、変な人が面白いことをやっているという印象から入りました。でも、空き時間に見続けていて、新しい動画が投稿されると、見なきゃいけない感じになってしまいますよ。

兵藤:中毒性がある感じ?

中濱:そう。あと、PRに関しては、例えばヒカキンさん(編集部注:人気ユーチューバー)は、最初にタイアップですってきちんと告知するんですよ。それは分かりやすくていいですよね。実際に購入につながるかどうかは、視聴者によりけりだとは思いますが。

吉田:ファン同士って、結構つながったりしているの?

中濱:はじめしゃちょーさんが好きな人は彼のことをすごく好きですけど、私はそこまでハマってはいないかな。友達感覚でユーチューバーを見ている人は多いと思いますが、私はどちらかというと芸能人感覚でチェックしています。

記者:また話題を変えますが、渋谷について、皆さんはどんな印象を持っていますか。「若者の街」というかつてのイメージが変わってきているという指摘も出てきているようですが。

兵藤:偏っているかもしれないのですが、私はハイブランドが好きなので、出かける時には丸の内や銀座、六本木が多いですね。とりあえず、渋谷とか原宿に行きたいとは思わないです。正直、渋谷って何もなくないですか?大人向けの美味しいお店もなければ、フォトジェニックなスポットもないというのが私の印象です。

大学生の山名智子さん(23歳)。渋谷に大学生が集まるのは「アクセスがいいという理由だけ」(撮影は的野弘路)
大学生の山名智子さん(23歳)。渋谷に大学生が集まるのは「アクセスがいいという理由だけ」(撮影は的野弘路)

山名:大学生の間だと、確かに「渋谷に集まろうか」とはなるんですよ。でもそれって、アクセスが良くて便利だからなんです。ランチとか居酒屋とか。皆がちょうど集まりやすい場所が渋谷ということだけなんですよね。

吉田:私自身は渋谷が好きなので、寂しいですけどね。ただ、実際、そうした意見は多いですよ。特に10代の子たちは渋谷から原宿に移っていて、フォトジェニックなスポットを備えているカフェが多いといえば原宿になっている。若い子が友達とどこに行くかというと、やっぱり圧倒的にカフェなので。

兵藤:あとは、渋谷区の中でも、「オクシブ」と呼ばれるエリアは今すごく人気です。だいたい代々木のあたりなんですが、おしゃれな店でありつつ、料理もちゃんと美味しくて、若いOLさんたちが集まっている。雑誌などでも、オクシブを特集しているのをよく見かけるし、代々木や代々木八幡に住んでみたいという声は多いと思います。

次ページ マッチングアプリ、自分の周りは多いけど…