我々はITのビッグプレーヤーとは違う

壮大な計画ですが、売上高や利益の目標は。

オーバーベック氏:現在、ヒアは非上場企業であり、売り上げの目標値は公表していません。ただ、これまで説明した通り当社にはいろんな可能性があります。そのためには『オープン化』が必要になります

自動車メーカーもそれぞれのクルマから得た情報を囲い込みたいはず。なぜヒアにデータを提供するという自信があるのですか。

 我々は30年前から地図をベースとしたビジネスを続けていますが、(CEOに就任した)2016年3月に大きく方向性を変えました。それは「全てのデータをオープンにする」というコンセプトです

 オープン化とは、A社から提供を受けた、あるいは購入したデータを、B社にも提供するということ。もちろん、個人情報などは全て消去した匿名データで、かつ各メーカーと合意した上でシェアします

 我々は、完全に中立な企業です。一方で、アマゾンやグーグル、アップルなどのITのビッグプレーヤーは違う。彼らは閉じています。閉じたプラットフォームでビジネスをしているのです。

 自動車メーカーはそれを恐れています。データをシェアできないならば提供する意味がありません。だから彼らには自動運転を支える位置情報のプラットフォームビジネスはできない。自動車メーカーが我々を信頼してくれているからこそ、このビジネスモデルは成立するのです。

 利益のシェアについても同じです。ビッグプレーヤーはシェアモデルを嫌っている。出資も受けないし、他社とのシェアもしない。我々は違います。出資はいくらでも受け入れたいし、自動車メーカーや物流会社、公共交通を運営する会社のシェアモデルを狙っています。

次ページ アマゾンとは深い関係ができつつある