ハリケーンからの復興治水プロジェクトも手掛ける

OMAのNYオフィスはマンハッタン南西部に立つオフィスビルの高層階にある。黄緑色の部分が2015年秋時点のNYオフィス。増員に合わせてピンク色部分に部屋を拡張(資料左:日経アーキテクチュア、右:OMA)
OMAのNYオフィスはマンハッタン南西部に立つオフィスビルの高層階にある。黄緑色の部分が2015年秋時点のNYオフィス。増員に合わせてピンク色部分に部屋を拡張(資料左:日経アーキテクチュア、右:OMA)

 OMAのNYオフィスはマンハッタン南西部に建つ高層ビルにある。リーマンショック後には人員を15人ほどに減らしたが、近年は景気の回復を受けて増員している。現在は世界6拠点で350人が働いている。取材でNYオフィスを訪れた2015年11月には、同一フロア内で西方向にオフィスを拡張する準備を進めていた。

オフィスの入り口には数点の大型模型が展示してあった(写真:OMA)
オフィスの入り口には数点の大型模型が展示してあった(写真:OMA)
ハリケーン・サンディからの復興プロジェクトの模型
ハリケーン・サンディからの復興プロジェクトの模型

 オフィスビルの廊下からエントランスに入ると、模型が数点展示された空間がある。特に目を引く大型模型は、2012年に発生したハリケーン・サンディからの復興計画だ。NYオフィスでは単体の建物だけではなく、治水プロジェクトといった都市計画なども手掛けている。

オフィス東側の窓からはNYのダウンタウンが一望できる
オフィス東側の窓からはNYのダウンタウンが一望できる
様々な形状で習作した模型が並ぶ
様々な形状で習作した模型が並ぶ

 オフィス東側の窓からはNYのダウンタウンが一望できる。窓際の本棚は建築関係の蔵書で埋まる。日本語の雑誌もいくつか見られた。共有のデスクには計画中のプロジェクトの模型が置いてあった。米カリフォルニア州で進むビルや、フロリダ州マイアミで計画されるマンションの習作模型が並んでいた。

 北京のCCTV本部ビルもそうだが、OMAの外観デザインは急進的でユニークな形状が多い。なかには子どもが積み木のおもちゃを無造作に積み上げたようなデザインもあり、「この形が本当に建設できるのだろうか」と驚くような模型が置いてあった。

子どもが無造作に積み木を積み上げたような模型は実際にデザインしたプロジェクトの原案
子どもが無造作に積み木を積み上げたような模型は実際にデザインしたプロジェクトの原案
[画像のクリックで拡大表示]
オフィスや住居、ホテル、商業施設などの機能を「積み木」のように重ねるアイデア(資料:OMA)
オフィスや住居、ホテル、商業施設などの機能を「積み木」のように重ねるアイデア(資料:OMA)

次ページ 重松氏のデスク周りは「小さな日本」